プレミアムフライデーの導入は3.3%…働き方改革のサラリーマンへの浸透の実情をさぐる(2019年版)

↑ プレミアムフライデー導入直後はそれなりの動きがあったようだが。(写真:アフロ)

プレミアムフライデーの導入や長時間労働への対策など、企業における就業者の働き方に関する改革「働き方改革」が推進されている。それでは「働き方改革」はサラリーマンにはどの程度浸透しているのか。新生銀行の定点観測的調査報告書「サラリーマンのお小遣い調査」(※)の最新版から、その実情を確認していく。

まずは調査対象母集団のサラリーマン、つまり男性会社員(正社員・契約社員・派遣社員)において、就業先で働き方改革があったか否かを尋ねたもの。具体的には残業減少、有給取得容易化、定時帰宅増加、有給日数増加、プレミアムフライデーの導入、多様形態勤務(在宅勤務や時短勤務、時差勤務など)の導入、育児休暇容易化を挙げ、それ以外の「その他」も合わせ、働き方の改革と認識できるような施策が行われた否かを尋ね、直近1年間であったと答えた人の割合。

↑ 働き方改革があった(男性会社員、直近1年間、従業員規模別)(2019年)
↑ 働き方改革があった(男性会社員、直近1年間、従業員規模別)(2019年)

回答者のうち新入社員は入って間も無い(回答時期は4月の頭)のため、就職してすぐに働き方改革云々と言われても分からない、認識できない人もいるため、実際にはもう少し上乗せされるのだろうが、全体では4割台後半が実施されたと回答している。企業規模別ではおおよそ規模が大きいほど改革実施率が高く、中小企業では働き方改革の導入が難しい実情が見えてくる。

それでは具体的にどのような施策が行われたのか。「その他」を除いてグラフにした。

↑ 働き方改革の内容(男性会社員、直近1年間、働き方改革があった人限定、複数回答、従業員規模別)(2019年)
↑ 働き方改革の内容(男性会社員、直近1年間、働き方改革があった人限定、複数回答、従業員規模別)(2019年)

全体では残業が減ったとする人が5割近く、次いで有給が取りやすくなったとする人が4割台、定時で帰宅できる機会が増えたとする意見が2割強。

企業規模別では残業減少は50人までがやや少なめで、51人以上の企業ではほぼ同率の5割前後。有給休暇の取得が容易になったのは法則性の類は見られないが、50人までの小規模な企業で高い値が出ているのは意外さを覚えるかもしれない。プレミアムフライデーの導入や育児休暇の取得が容易になったなどは、大体企業規模が大きいほど回答率が高い雰囲気がある。企業全体のリソースに余裕があるところほど、多角的な働き方改革が導入されているようだ。

この値は働き方改革があった人(企業)限定での値。あったか否かの値も資料では示されているため、両者を掛け合わせることで、全体としてどれほどの割合で実施されていたのかを計算することができる。その結果が次のグラフ。たとえば全体でプレミアムフライデーの導入は3.3%とあるので、サラリーマン全体においてプレミアムフライデーが導入されたのは3.3%ということになる(回答時に「直近1年間において」なので、すでに導入済みの企業従業員では回答しなかった可能性も多分にある。つまり「プレミアムフライデーが導入されている企業が3.3%」では無いことに注意が必要)。

↑ 働き方改革の内容(男性会社員、直近1年間、各属性全体比、複数回答、従業員規模別)(2019年)
↑ 働き方改革の内容(男性会社員、直近1年間、各属性全体比、複数回答、従業員規模別)(2019年)

サラリーマン全体では残業が減ったとする意見は23.6%、有給が取りやすくなった・定時で帰りやすくなったとの意見は21.0%。実施内容、質に違いはあるが、おおよそ企業規模が大きいほど多方面で働き方改革が実施されたとの意見が寄せられている。企業側・部署や就業内容による事情もあるのだろうが、企業規模を問わずに働き方改革(改善化)を推し進めてほしいものではある。

■関連記事:

残業を減らす効果的方法とその実践度合いをグラフ化してみる

経営者や管理職では4割を超える「残業」率

※サラリーマンのお小遣い調査

直近年分となる2019年分は2019年4月5日から8日にインターネット経由で行われたもので、有効回答数は2717人。男女会社員(正社員・契約社員・派遣社員)に加え、男女パート・アルバイト就業者も含む。公開資料では多くを占める会社員は男性1252人・女性841人。年齢階層別構成比は20代から50代まで10歳区切りでほぼ均等割り当て(実社員数をもとにしたウェイトバックはかけられていないので、全体値では社会の実情と比べて偏りを示している場合がある)。未婚・既婚比は男性が40.3対59.7、女性は60.3対39.7。今調査は1979年からほぼ定点観測的に行われているが、毎年同じ人物を調査しているわけでは無いことに注意。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。