2019年の新成人の6割強は「経済的余裕が無くて車を所有できない」

↑ 「若者の(自動)車離れ」というけれど。(ペイレスイメージズ/アフロ)

「若者の(自動)車離れ」が叫ばれる昨今、その若者自身は車にどのような所感を抱いているのか。新成人の人達の意見をソニー損害保険が2019年1月に発表した調査報告書「2019年 新成人のカーライフ意識調査」(※)から確認する。

昨今の「若者の車離れ」と呼ばれている状況に対し、若者自身の代表的な立場となる新成人にいくつかの質問を実施。それぞれに「とても当てはまる」「やや当てはまる」「どちらとも言えない」「あまり当てはまらない」「まったく当てはまらない」の5つの選択肢から自分の心境にもっとも近いものを選んでもらい、そのうち前者2つ、つまり「当てはまる」派の回答数をまとめた結果が次のグラフ。例えば「若者の車離れ」とは自分のことの項目では全体で33.6%なので、1/3超の新成人は「とても当てはまる」「やや当てはまる」のいずれかと答えている。掲載されている数字以外はすべて否定派では無く、「どちらとも言えない」も含まれていることに注意が必要。

↑ 「若者の車離れ」と呼ばれる状況についての意識(2019年新成人対象、「当てはまる」派率)
↑ 「若者の車離れ」と呼ばれる状況についての意識(2019年新成人対象、「当てはまる」派率)

新成人の限りでは「若者の車離れ」を自認している人は1/3強。微妙な値ではある。一方「車に興味がある」人は全体では5割近くだが、男性の方が高めの値を示している。自動車への必然性が高い立場にあることを考えれば、興味を示すのも当然。

注目すべきは「車所有の経済的余裕が無い」。こちらは6割強の同意率。購入時の初期投資コスト、各種維持費、そして車検代と定期的に多額の出費を求められるため、自動車の所有にはそれなりの経済的裏付けが求められる。その裏付け(に自信)が無い人が、新成人の6割強もいる実態は、自動車関係者は大いに認識しておくべき。

一方、車そのものの魅力に関する話だが、「所有はカッコイイ」「メーカーに若者向けの車を作ってほしい」との話は5割前後に留まっている。カッコよさは男性よりも女性の方が認識していること、男性はメーカーに若年層向けの車を女性と比べれば強く求めていないなど、興味深い動きも確認できよう。

自動車所有関連で常に言及される、経済的余裕に関する視点においては、今調査の限りでは(少なくとも今調査項目の始まった2011年以降では)大きな変化は無い。なお2019年では都市部・地方の区分における値が非公開のため、グラフでは空欄となっている。

↑ 車所有の経済的余裕が無いと思う割合(各年新成人対象、「当てはまる」派合計)
↑ 車所有の経済的余裕が無いと思う割合(各年新成人対象、「当てはまる」派合計)

少なくともこの数年では、経済的視点からの「若年層の自動車離れ」に変わりはなさそうだ。あえて言えばここ2、3年に限れば多少ながらも減っているように見える、ぐらいだろうか。

■関連記事:

80歳以上でも約4割は運転免許を所有、2割近くは毎日運転している実情

免許はあるけど自動車持っていない人、その理由は「維持費がかかる」「公共交通機関で十分」

※2019年 新成人のカーライフ意識調査

2018年11月16日から11月20日にかけて2019年の新成人男女に対しインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1000件。男女比は1対1。調査実施機関はネットエイジア。なお今件調査における「都市部」とは、市・区における人口ランキングの上位都市(1位から8位)である、北海道札幌市、東京都23区、神奈川県横浜市、愛知県名古屋市、京都府京都市、大阪府大阪市、兵庫県神戸市、福岡県福岡市。それ以外はすべて「地方」。過去の調査もほぼ同条件で実施されている。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。