初詣は9割近くが実施…小学生の子供を持つ世帯の年中行事の実情をさぐる

↑ 親子で節分。どれほどの親子がしているのか。(写真:アフロ)

昔から行われてきた節目における慣習的な行事は多々あり、世間もそれらにあわせて色々な動きを示していく。小学生の子供がいる世帯ではどれほど実施されているのか、その実情を国立青少年教育振興機構が2018年8月22日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」(※)報告書の結果から確認する。

次に示すのは小学1年生から小学6年生までの子供を持つ保護者に対し、家庭でしたことがある行事について答えてもらったもの。設問は「あなたは、ご家庭で次のような行事をしたことがありますか」であり、回答者=大人=保護者が子供の時の経験則では無く、世帯を持ち子供を育てるようになってからの世帯における経験と読み解いてよい。つまり現在小学生の子供がいる世帯における、年中行事の実施率と読むことができる。世間全体を対象としているのではないためある程度制限された条件下での動向となるが、逆に子供の情操教育の観点では、参考になる値には違いない。

↑ 家庭で次のような行事をしたことがあるか(複数回答、小学校1年生~小学6年生の子供がいる世帯)(2016年度)
↑ 家庭で次のような行事をしたことがあるか(複数回答、小学校1年生~小学6年生の子供がいる世帯)(2016年度)

回答時の誤差もあることからおおよそ9割前後の値が出ていれば、実質的にほぼすべての世帯で該当行事が行われていると見てよいだろう。その条件に合致するのは、左から(大体時系列の並び)初詣、節分の豆まき、お墓参り、年末大掃除、クリスマス、年越しそば、お雑煮・お節となる。

実行率が5割超だが全体とまでは行かないのが、お雛様飾り、お花見、七夕飾り。もっともお雛様飾りは該当世帯の子供が女子でないと行う必要は無いため、この回答率も仕方がない。

そして5割足らずの行事は正月の餅つき、鯉のぼり、しょうぶ湯、お月見となる。しょうぶ湯以外は場所や道具の確保が難しい場合もあり、仕方がない面もある。しょうぶ湯は該当時期になると商店でも専用の商品が売りに出されることも多々あるため、それにもかかわらずこの値しか出ていないのは、習慣そのものが薄れているのかもしれない。

行事の実施率はおおよそ子供の現在学年による差異は無いものの、一部では違いが確認できる。

↑ 家庭で次のような行事をした事があるか(複数回答、小学校1年生~小学6年生の子供がいる世帯、一部、子供の学年別)(2016年度)
↑ 家庭で次のような行事をした事があるか(複数回答、小学校1年生~小学6年生の子供がいる世帯、一部、子供の学年別)(2016年度)

減少度合いに差異はあるものの、おおよそ子供が幼いほど実施率は高い。今件は経験したか否かを尋ねているため、実施度合が昔も今も変わらなければ、むしろ逆の動きをしていなければならないのだが、現実にはこのような形となっている。

昔と比べ、これらの行事は(子供が幼い時における)実施率が上昇しているのかもしれない。あるいは「回答者が昔の行為を忘れ、あるいは回答に該当しないと判断し、ここ数年の経験に限り回答」かつ「子供の年齢が上がるに連れてこれらの行事をしなくなる」傾向の結果の可能性がある。どちらも正しそうな話ではあるだけに、判断が難しいところではある。

■関連記事:

女性がおせち料理を食べなかった理由、トップは「家族が食べない・残すから」

誕生日、母の日、クリスマス…イベントでの贈り物率、通販利用率を探る

※青少年の体験活動等に関する実態調査

直近年度分は2017年2月から3月にかけて各学校(小学校は1年生から6年生まで各100校ずつ、中学校は2年生対象に150校、高等学校は2年生対象に150校)への調査票発送・返信による回収方式で行われたもので、有効回答数は学校数が879校、子供の回収数が18316件、保護者が15769件。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。