進む高齢化と分散化…初婚年齢の実情をさぐる

↑ 人生の大きなマイルストーンでもある結婚。晩婚化が進んでいるとのことだが。(写真:アフロ)

進む晩婚化と初婚年齢の分散化

経済上の安定感、社会常識の変化、医療技術の進歩など、多様な原因によって、日本では晩婚化・高齢出産化が進行中。その実情を厚生労働省の人口動態調査の公開結果から確認する。

人口動態調査の結果によれば、男女ともに日本の初婚年齢は上昇を続けている。

↑ 平均初婚年齢(歳)(1947年~2017年)
↑ 平均初婚年齢(歳)(1947年~2017年)

この初婚年齢に関して、「各届け出年に結婚生活(初婚)に入った人の総数に対する、個々の年齢分布」を男女別に記したのが次のグラフ。切りのよいところで10年間隔とし、直近値となる2017年、そしてその10年前の2007年、20年前の1997年の値を併記している。例えば2017年の「初婚の夫の年齢」における27歳は8.1%とあるが、これは2017年に初婚として結婚した男性総数のうち、8.1%は27歳だったことを意味する。

↑ 初婚の夫の年齢別・婚姻件数割合(人口動態調査、~45歳)
↑ 初婚の夫の年齢別・婚姻件数割合(人口動態調査、~45歳)
↑ 初婚の妻の年齢別・婚姻件数割合(人口動態調査、~45歳)
↑ 初婚の妻の年齢別・婚姻件数割合(人口動態調査、~45歳)

最多構成率年齢は全般的に男性が上で、最初の平均初婚年齢グラフにもある通り「男性が女性よりも晩婚傾向がある」を表す結果となっている。それとともに、

・女性は今世紀に入ってから急速に晩婚化とともに、初婚年齢の多様化(主に晩婚方面)が進んでいる

・男性は今世紀に入る過程で晩婚化が進んだが、それ以降は単なる晩婚化ではなく初婚年齢の多様化が進み、それが平均初婚年齢を押し上げている

・男女別では女性よりも男性の方が高齢層での初婚事例の層が厚い

 (2017年では30歳以上に限れば、夫は48.8%で妻は38.3%。男女間では約10%ポイントの開きがある)

などの傾向が把握できる。今世紀に入ってからの急速な晩婚化は最初の平均初婚年齢のグラフでも確認されており、留意すべき点ではある。

出産年齢も上への傾向

初婚年齢が上の年齢に押し上げられれば、当然出産年齢も上昇する(「未婚の母」の状況も想定されるが、日本ではまだごく少数派)。そこで妻の平均初婚年齢の推移グラフに、第一子・第二子・第三子の平均出産年齢を重ね、その推移を見たのが次のグラフ。

↑ 平均初婚年齢と母親の平均出生時年齢(年区分間隔が時間経過通り、歳)
↑ 平均初婚年齢と母親の平均出生時年齢(年区分間隔が時間経過通り、歳)

やはり「元々出産年齢も高齢化の傾向」「今世紀に入ってから高齢化が加速」は、出生時年齢にも当てはまる。初婚年齢の高まりとともに出産年齢も上昇していくが、第三子の平均年齢上昇率はやや鈍い。高齢出産のリスク、負担を考えると、上昇余地が少ないのが原因。またそこから、晩婚化が少子化の大きな要因であることも改めて理解できる。

今件グラフの第二子・第三子間の年数が小さくなる動きからは、人口増加のカギとなる人口置換水準2.08を上回る第三子が授かる機会は、晩婚化の進行以上に少なくなることが容易に想像できよう。

■関連記事:

日本の出生率と出生数の実情をさぐる

日本の高齢出産の実情をさぐる

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。