現状維持派が6割近く、積極参加派は2割強…日本のPKO参加への思惑をさぐる

↑ 南スーダンでPKO活動に携わる自衛隊員(内閣府公式ページより)

日本の国連PKOへの参加は賛否両論があり、双方の意見が均衡しているように報じられている。実情としてはどのような状況なのか。内閣府の「外交に関する世論調査」(※)から確認する。

現時点で世界の100以上の国が国連平和維持活動(国連PKO)に要員を派遣しており、日本も他国同様、国際平和協力法に基づき、東ティモール、ハイチなどの国連PKOや、イラク難民支援などのための人道的な国際救援活動、東ティモールやネパールなどでの国際的な選挙監視活動に参加していた。現時点では南スーダンに司令部要員や施設部隊を派遣し、同国の国づくりを支えている。

これらの行動について、日本はこれからも国際社会への人的貢献として、こうした活動に参加すべきと考えるか聞いたところ、現状規模の参加継続を望む人が58.0%となり、過半数の値を示すこととなった。

↑ 国連平和維持活動への参加について
↑ 国連平和維持活動への参加について

そしてこれまで以上の積極参加を望む人は22.1%。言い換えればこの2つを足して「現状を肯定的にとらえている人は8割強」となる。一方、現行よりも消極参加を望む人は13.2%、不参加を望む人は2.1%と「現状を否定的にとらえている人は1割強」と認識できる。少なくとも現時点では日本のPKO活動への参加は肯定的意見が多数と見てよい。

1994年以降の同等調査の結果による、各項目回答率推移を折れ線グラフにしたのが次の図。

↑ 国連平和維持活動への参加について(経年推移)
↑ 国連平和維持活動への参加について(経年推移)

2003年のイラク戦争と、その後の日本による各種PKO活動、そしてそれに関する報道姿勢なども影響し、2003年から数年間はPKOに関する反発が強くなっているのが確認できる。しかしそれも数年で鎮静化し、この数年は積極姿勢を望む人が増加している。

ただし2013年以降は積極参加派が減り、現状維持・消極参加派が増える動きを示している。直近の2017年では積極参加派がいくぶん増加し、消極参加派が急増しイラク戦争勃発時につけた値20.0%に迫る値を示した去年からの反動に見える下落。2016年の動きは派遣先における南スーダンにおいて2016年7月から内戦が激化し、それに伴い派遣団内部で混乱や意思決定上の問題が露呈したことに起因した動きであり、その突発的な動きが沈静しつつあるものと考えられる。

長期的には非参加派は減り、現状維持が漸増する流れにある。国際情勢や国内世論の変化の表れとみるべきだろう。ただし2003年や2016年のように情勢の変化やその報じられ方によって、世論が大きく揺らぐこともまた事実ではある。

今後日本の国際的な立ち位置の変化(特に日本周辺国の動向の情勢の変動)に伴い、国内のPKO活動への認識がどのように変わるのか、それとも維持されるのか。引き続き注意を払いたいところだ。

■関連記事:

安倍外交をアジア・アメリカはおおむね評価、反発するは中韓のみ

中国・習主席の外交は大よそ否定的、アフリカなど一部諸国では高く評価

※外交に関する世論調査

直近分は2017年10月26日から11月5日にかけて、全国18歳以上の日本国籍を有する人の中から層化2段無作為抽出法によって選ばれた人に対し、調査員による個別面接聴取法によって行われたもので、有効回答数は1803人。男女比は839対964、年齢階層別構成比は10代39人・20代129人・30代200人・40代308人・50代249人・60代402人・70代以上476人。過去も類似の方法で実施されている。

(注)本文中の各グラフは特記事項の無い限り、記述されている資料を基に筆者が作成したものです。