週に4日以上パチンコに通うハードパチンカーは33.0万人

↑ パチンコを日々の娯楽としているような人は…?(写真:ロイター/アフロ)

大人の娯楽として認知度の高いパチンコ。その魅力のとりことなり、日々足を運ぶ人も見受けられる。高頻度でパチンコに通う、いわゆるハードパチンカーは実情としてどれほどいるのだろうか。総務省統計局による社会生活基本調査(※)の公開値から確認する。

直近となる2016年時点において、過去1年間に1日でもパチンコを利用したことがある人(行動者)の人数は960.4万人。

↑ パチンコの男女・年齢階層別行動者数(2016年)(万人)
↑ パチンコの男女・年齢階層別行動者数(2016年)(万人)

今調査では1年間を通して1日でもパチンコを利用した人だけでなく、利用頻度についても尋ねており、いくつかの仕切り分けで実情を確認できる。そのうち、一番利用頻度が高い項目「年に200日以上(週に4日以上)」に該当する人を集計したのが次のグラフ。

↑ パチンコの男女・年齢階層別行動者率(2016年)(年に200日以上(週に4日以上))
↑ パチンコの男女・年齢階層別行動者率(2016年)(年に200日以上(週に4日以上))
↑ パチンコの男女・年齢階層別行動者数(2016年)(年に200日以上(週に4日以上))(万人)
↑ パチンコの男女・年齢階層別行動者数(2016年)(年に200日以上(週に4日以上))(万人)

10歳以上全体比では男性は0.5%、女性は0.1%。総数は男性26.6万人、女性6.4万人、合わせて33.0万人。多いのか少ないのか微妙なところだが、閉店の日や気象状況、年末年始やお盆のお休みなどを併せ考えると、ほぼ毎日通っている人がこれだけいることになる。

比率も人数もほぼ同じ傾向で、男女共に20代前半でやや多め、それ以降は30代から40代までは低めとなり、50代ぐらいから値が増えていく。そして60代でピークを迎えることになる。パチンコの常連は60代が特に多いとの結果は、妙にリアルな話ではある。

■関連記事:

パチンコも読書もする人減少中…種類別・趣味娯楽をする人の変化をグラフ化してみる

若者のパチンコ離れ…パチンコの利用動向推移をグラフ化してみる

※社会生活基本調査

5年おきに実施されている公的調査で、直近分となる2016年分は2010年時点の国勢調査の調査区のうち、2016年の熊本地震の影響を受けて調査が困難な一部地域を除いた、総務大臣の指定する7311調査区に対して実施された。指定調査区から選定した約8万8000世帯に居住する10歳以上の世帯員約20万人を対象としている。ただし外国の外交団やその家族、外国の軍人やその関係者、自衛隊の営舎内や艦船内の居住者、刑務所などに収容されている人、社会福祉施設や病院、療養所に入所・入院している人は対象外。2016年10月20日現在の実情について回答してもらっているが、生活時間については2016年10月15日から10月23日までの9日間のうち、調査区ごとに指定した連続する2日間についての調査となる。調査方法は調査員による調査世帯への調査票配布と回収方式。

(注)本文中の各グラフは特記事項の無い限り、記述されている資料を基に筆者が作成したものです。