主要国の人たちに聞いた「日本に好感持てる?」「信頼できる?!」

↑ 国民感情はその国の国政・外交方策に影響を及ぼし得る。日本への姿勢は?

多くの国で採用されている民主主義的政治体系では、国民の意志が多分に反映されるため、国民の強い意志により国政そのものが変化を受ける事態も少なくない。諸外国における国民ベースでの日本への信頼の度合いを、新聞通信調査会が2016年4月に発表した、アメリカやイギリス、フランス、中国、韓国、タイへのメディアに関する世論調査「諸外国における対日メディア世論調査(2016年調査)」(アメリカ合衆国、イギリス、フランス、中国、韓国、タイに対し、2016年1月から2月に実施。アメリカ合衆国・イギリス・フランス・韓国は電話調査、タイと中国では面接調査。調査地域は中国・タイは都市圏、それ以外は全国。回収サンプル数は各国約1000件)の内容から確認していく。

次に示すのは日本への好感度合い。日本に加え調査各国を評価回答対象としており、選択肢も強弱肯定的、強弱否定的の計4つとなっている(ただし類似設問で選択肢に登場しない「分からない」が回答事例に含まれていることから、「分からない」の回答が用意されている、あるいは無回答者を「分からない」としていることが考えられる)。そしてそのうち強弱を合わせた肯定的意見の回答値のみが公開されている。そこで前年2015年分の調査結果も合わせ、肯定的=好感を持つ人の割合を確認する。

↑ 日本に好感を持てるか(とても+ややの合計)
↑ 日本に好感を持てるか(とても+ややの合計)

欧米3か国は肯定的な意見が7割前後。イギリスがやや肯定派で低めなものの、これは「分からない」が多く他項目を圧迫しているだけで、大勢としてはほぼ同じ(2015年の結果の限り。グラフ掲載は略)。他方、他項目でも日本への好意度の高さを示しているタイは肯定派が9割を超えており、否定派は1割にも満たない。

韓国はといえば、この類の他調査同様、日本に対する反発心が強い。肯定派は3割程度でしかなく、否定派が7割。中国は2015年の時点では質問自身が不可能だったため空白となっているが、2016年の値を見る限りでは韓国同様の低い値が出ている。

それでは好き嫌いでは無く、信義則の観点などで、日本を信頼できるか否か。設問原文は「日本を信頼できる国だと思いますか」。選択肢のスタイルは好感の時と同じ。

↑ 日本を信頼できるか(2016年)
↑ 日本を信頼できるか(2016年)

大よそ好感を持てる・持てないと同じ動きで、方向性がさらに強化されている。米英仏タイは好感度合いの時と比べて肯定意見は変わらず、あるいはより強くなり、中国と韓国は否定意見が一層強い結果が出ている。中韓共に日本を信頼できる国と考えている人は2割を切っており、強い否定意見を持つ人は韓国で4割近く、中国に至っては5割に間もなく手が届くほどに登っている。もっともこの動きは同様の他調査でも大よそ同じ結果が出ており、驚くには値しない。

さまざまな理由、思惑、背景があるにせよ、今件は日本に対する各国のスタンスが透けて見えそうな結果には違いない。

■関連記事:

日本から主要5か国への親近感推移をグラフ化してみる

「好感触8割」日本への東南アジア諸国の感情は良好、ただし韓国・中国は…