動画共有の新スタイルSnapchat(スナップチャット)とは

↑ 気軽に気兼ねなく写真や動画を扱いたいとの需要に応える「Snapchat」とは

スマートフォンと共にソーシャルメディアが幅広い層、特に若年層の日常生活に浸透する中、知り合いとの情報共有を目的に、写真や動画を共有する事例も増えている。昨今ではアメリカの成人全体で写真は5割、動画は1/4が自分で撮った作品をネット上に投稿している。若年層に限ればそれぞれ8割近く、5割近くと高率に及ぶ(以下はアメリカの大手民間調査会社Pew Research Center社が2013年10月に発表したデータを基にしたもの)。

↑ 自作写真・動画投稿者(米、インターネット利用者限定)(2013年、属性別)
↑ 自作写真・動画投稿者(米、インターネット利用者限定)(2013年、属性別)

その状況に合わせる形で登場し、撮影・投稿を加速化させているのが、「Instagram(インスタグラム)」や「Snapchat(スナップチャット)」といった、写真や動画を気軽に扱えるアプリケーション。中でも斬新な仕組みを用いているのがスマートフォン用のアプリ、「スナップチャット」。

これは2011年に登場した、写真や動画の撮影、そして文字などの追加編集、さらには個人やグループに送信ができるもの。最大の特徴は「作品の受信者の閲覧時間を最大10秒までに設定できる」「受信者が一度再生し終わると、その写真・動画は受信者の端末・企業サーバー双方から完全に削除される」点にある(スクリーンショットの保存も困難。仮にキャプチャしたとしても送信側にそれが通知される)。当然だが送信者の手元のマスターファイルは残る。次に示すのはスナップショットの解説映像(公式)だが、そのお手軽な使用感が把握できる。

つまり「スナップショット」は、昔のスパイ映画で良くあるシーン「なお、このテープは自動的に消滅する」が、自分が送信したい写真や動画で行えるというものである。これは「知り合いと共有したいが、受信者側の端末に保存され、さらには他人に複製・共有されて、送信後に『炎上』したり茶々を入れられたり、自分の経歴にマイナスとなるようなリスクは背負いたくない」「自分の意図しない第三者に拡散されるリスク無く、純粋に知人の間だけで写真や動画の共有、『ねぇ、これちょっと見てよ』をネット上で楽しみたい」という需要(特に若年層)に応えたもの。実際、Pew Research Centerによる調査でも、若年層においてとりわけ高い利用率が確認できる。

↑  Snapchat利用者(米、2013年、携帯電話利用者限定)
↑ Snapchat利用者(米、2013年、携帯電話利用者限定)

全体では携帯電話利用者のうち利用率は9%。しかし実際にはその大部分を若年層が占め、30歳未満に限れば26%の利用率が確認できる。サービススタートが2011年であることを考えれば、驚異的な値といえる。さらに今件は携帯電話(一般携帯電話とスマートフォン双方を合わせたもの)の利用者に対する比率なので、アプリが存在するスマートフォン利用者に限れば、その利用率はグンと上昇するはず。

このような若年層からの支持を背景に、「スナップチャット」は今風雲児的存在となりつつある。先日もWall Street Journalなどの報道(Snapchat Spurned $3 Billion Acquisition Offer from Facebook(英語))によると、同社はFacebookからの30億ドル以上の額面提示による買収を受け、それを入れなかったとの話も伝えられているほど。

今後はさらに若年層へのスマートフォンの普及が進むに連れて、今回紹介した「スナップチャット」や「インスタグラム」、そして「Vine(バイン)」のようなアプリを用い、文章と同じ感覚で気軽に画像、そして動画のやりとりが成されるようになる。中でも若年層の需要にマッチした「スナップチャット」は、ますますの躍進と進化を遂げていくことだろう。

今件はアメリカでの話。しかし写真や動画の投稿に関する、特に若年層における需要の本質は変わらない。日本でも似たような動きを見せるに違いない。

■関連記事:

増える米自作写真・動画投稿者、若年層は8割を超える

「ネット上に自分の写真がある」2/3、若年層は9割…米プライバシー公開事情