ニートになった、ならざるを得なかった理由

↑ 「働いたら負け」とネット上では揶揄されるニートだが、その事由は多種多様

先日15-34歳が43人集まると、そのうち1人がニートでも解説した通り、日本における「ニート」(就業、就学、 職業訓練のいずれもしていない人。元はNot in Employment, Education or Trainingの略でNEET)と同義語とされる「若年無業者」(15-34歳の非労働力人口(求職活動をしていない人など)のうち、家事も通学もしていない者)は、直近の2012年で62万人、さらに上の世代の35-39歳(高齢ニート)まで含めると83万人居るとされている。

↑ 若年無業者数(≒ニート)の推移(万人)(参考属性追加)(-2012年)
↑ 若年無業者数(≒ニート)の推移(万人)(参考属性追加)(-2012年)

このニートな人たちに、なぜニートになったのか、ならざるを得なくなったのかを尋ねた結果が次のグラフ。総務省統計局の2012年版就業構造基本調査からのものだが、大きく「就職を希望しているのだが、現在は何らかの理由で求職活動をしていない(非求職者)」と「就職そのものを希望していない(非就業希望者)」に二分される。

まずは就職希望だが求職活動をしていないニートの、その理由。

↑ 若年無業者の非求職理由(就業希望者のうち非求職者)
↑ 若年無業者の非求職理由(就業希望者のうち非求職者)

現在ケガや病気などで求職不可能な事例がもっとも多く26.5%。次いで資格取得のための勉強をしている、いわゆる「浪人状態」の人。そして「職を探したが見つからないので、様子見モード」が続く。

続いて就職そのものを望んでいない人。世間一般的にはこちらの方がニートの定義により近い。

↑ 若年無業者の非就業希望理由(非就業希望者)
↑ 若年無業者の非就業希望理由(非就業希望者)

こちらもケガ・病気を起因とするものが最多回答で3割近く。次いで資格取得のための浪人(資格を取得してから就職活動をする、あるいは自営業をはじめるため、現時点では就業そのものを希望しない)。上位2項目への偏りがやや大きいものの、「就業希望者のうち非求職者」と大きく変わるところは無い。

現時点で就業する意欲がある・無い双方の事例でもその多くは、単に怠惰な生活を過ごしている、楽隠居的なイメージのあるニートとは程遠い、「仕方なくならざるを得なくなった」「自分の将来のための一時的な状況に過ぎない」ことが分かる。

また「探したが見つからない」「希望する仕事がありそうにない」「知識・能力に自信がない」などの項目は、「個人の問題(努力不足、現状認識不足など)」「雇用環境の問題」双方の可能性、あるいは両方の複合的な結果による場合があり、一概に世間一般の(どちらかといえば否定的なイメージによる)ニートとして振り分けるのは問題がある。「その他」の回答率も高く、選択肢には該当しにくい、個々のさまざまな理由によるニート化も容易に想像できる。

他方、「急いで仕事につく必要がない」「特に理由は無い」は、世間一般的に語られる「ニート」の筆頭に挙げられる。

「若年無業者(ニート)」問題は「ニートの状態とは、そもそも何が問題なのか」という根本部分から考察し直す必要がある。そして多種多様な原因があることから、解決は一筋縄ではいかない。その実態が今回のデータからあらためて想像できよう。

ちなみに「急いで仕事につく必要がない」「特に理由は無い」に限ったニート数は6.8万人。「その他」項目に類似理由が多少含まれていることを勘案するに、7万人から8万人程度、多くても10万人位が、世間一般的なイメージに該当する「真のニート」と言えるのではないだろうか。

■関連記事:

高校中退でニートになった人たち、「収入」「将来の希望」「生活リズム」に強い意欲