日本の平均寿命は男性80歳・女性86歳、でも今80歳の男性が寿命切れというわけではありません

↑ 最近は御歳を召した方の元気な姿を街中でもよく見かけるようになりました

厚生労働省は2013年7月25日、2012年分の簡易生命表の概況を発表した。この「生命表」とは、ある期間において死亡状況・環境が今後変化しないと仮定した時に、「各年齢の者が1年以内に死亡する確率(死亡率)」や「各年齢の人が平均して今後何年生きられるか(平均余命)」という期待値などを、指標(生命関数)によって表したもの。そして世間一般に言われている「平均寿命」とは、その年に生まれた人が(社会情勢などの変化が無い限り)何歳まで生きられるかを示したものである。

2012年の平均寿命は男性が79.9歳、女性は86.4歳。つまり2012年に生まれた男子は、社会情勢の変化がない限り、平均で80歳近くまで生きられるだろうということだ。女性ならば86歳過ぎまで生きられることになる。この平均寿命は社会インフラの整備や衛生状態の改善、医療保険技術の進歩、各方面の努力、そして突発性の高い事象への適応力の上昇により、逐次上昇。戦後は特に大きく伸びている。

↑ 平均寿命推移(1891~2012年、日本)(戦前は完全生命表のみ、不連続)
↑ 平均寿命推移(1891~2012年、日本)(戦前は完全生命表のみ、不連続)

誤解されがちなのが「平均余命」と「平均寿命」これを同一視してしまう人が結構いる。例えば2012年の平均寿命が男性79.9歳だからといって、「現在79歳の男性は、普通ならばこの1年以内に亡くなってしまうだろう」という意味ではない。79歳には79歳なりの「平均余命」が算出されており、この値が「79歳の人は普通ならばあと何年生きられるだろう」を意味する。

2012年における、シニア層の「平均余命」を5年区切りで記したのが次のグラフ。

↑ 平均余命(2012年簡易完全生命表から)
↑ 平均余命(2012年簡易完全生命表から)

例えば70歳女性の平均余命は19.45歳。現時点で70歳の女性は、普通に生きていればあと20年近く・90歳位までは生きられることになる。(グラフ上には無いが)上記の79歳男性ならば平均余命は9.05歳なので、平均であと10年近く・88歳までは生きられる計算になる。

世間一般の報道では「平均寿命」にばかりスポットライトが当てられるが、中堅層以降、特にシニアには「平均余命」の方が気になるはず。身近に勘違いをしている人も考えられるので、もしそのような事例に遭遇したら、事実の提示をお勧めしたい。

■関連記事:

日本は女性で世界一、男性も世界五位…平均寿命の国際比較をグラフ化してみる(2013年)