若者のSNS炎上騒動は利用目的誤認が一因、かも

↑ 「なんでこんなに叩かれるの?」と逆切れする事例も少なくない

次のグラフはリクルート進学総研が2013年8月に発表した、高校生に対して行った調査結果。インターネット経由によるものなので、高校生全体の動向とはややずれ・偏向の可能性があるが、少なくともデジタル系ツールに触れる機会がある高校生の挙動を知ることはできる。

それによると主要SNS(今件ではLINE、ツイッター、Facebook、mixi、GREEを指す)において、もっともよく使われているのはLINE、そしてツイッターが続いている。

graph1.gif ↑ 現在利用しているSNS(全体比)
graph1.gif ↑ 現在利用しているSNS(全体比)

各SNSの利用者に、該当SNSを主にどのような目的で利用しているかを聞いたのが次のグラフ。リリースでは各SNS毎に上位4位までしか値が公開されておらず、それらをまとめた結果、いずれも1項目ずつが確認できない状態(「×」で表記)となってしまった。もっともそれら「×」項目は、上位4項目よりは回答率が低いことは明らか。例えばLINEの場合は「有名人の動向チェック」は回答率が10.0%以下である。

graph2.gif ↑ SNSの主な利用目的(各利用者限定、複数回答)
graph2.gif ↑ SNSの主な利用目的(各利用者限定、複数回答)

この結果を見る限り、高校生ではSNSの利用目的が、各SNS毎に「ある程度明確に」区別化されているのが分かる。例えば「LINE」は友人や知人との意志疎通のためのもので、自分の普段の生活領域から足を踏み出した、いわゆる「外界」との情報のやり取り用のツールとしてはあまり用いられていない。

一方「ツイッター」は「友人・知人とのコミュニケーション」と「暇つぶし」「最新情報入手先」がほぼ同数回答値となっている。さらに「有名人の動向チェック」も値が高い。つまり「LINE」のような「身内間の交流ツール」としてだけでなく、「対外的な情報収集ツール」としての役割の双方を兼ねて用いているのが分かる。

この「ツイッター」における利用目的の混合ぶりが、昨今の「まるで身内のみに披露することを意図したような悪事・悪ふざけの暴露」の、ツイッター上での披露、そして「炎上」の一因とすれば、道理は通る。「炎上」の初期段階で「なぜバッシングされるのか」と逆切れする事例が多いのも、自分の「暴露」が身内のみ、あるいは少数へのみの行われたと誤解しているから(「LINE」で行ったかのような発想)に他ならない。

個人実名登録が原則の「Facebook」では、身内間と「対外的な情報ツール」との類似感はツイッターに近い。しかし利用目的意識そのものは低め。さらに実名登録の利点を活かし、「昔の友人や知人との再開」を意図しているとの意見も多い。「炎上」話も、ツイッターだけでなくFacebook上でも多発している実態を思い返すと、納得が行く。

若年層にとっては「LINE」「ツイッター」「Facebook」いずれも、パソコン、あるいはスマートフォン用の交流ツールでしかない。しかもスマートフォンで利用する場合は、各アプリが操作性を重視していることもあり、(あくまでもパソコン画面との比較論ではあるが)、見た目上の差異はあまり無い。「LINE」を使う感覚で「ツイッター」「Facebook」を用いてしまう、さらには現実に対面しながらの(限られた、閉じた環境下での)会話同様の感覚で、ソーシャルメディアを用いてしまう。「炎上」対象となった行為そのものの是非はともかく、容易に「全世界に向けて」暴露してしまうのは、「情報の公開先の仕切り、区分」を十分理解していないのが一因ではないだろうか。

例えば放送室内でマイクのスイッチを入れたまま、先生の悪口を語り合ってしまうかのように。あるいは立ち読みで夢中になり、つい自分の鼻を指でいじってしまうかのように。