今や5000億円割れ・縮小続く家庭用ゲーム機市場

↑ 家庭内のゲームを一手に担い、成長を続けた家庭用ゲーム機だったが…

縮小続ける家庭用ゲーム機の出荷額

社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)では毎年1回、夏頃に「CESAゲーム白書」を発行している。その発行の際にプレスリリースとして概況の公開を行っているが、その中に日本国内の家庭用ゲーム機市場の動向が推し量れる値が盛り込まれている。

次に示すグラフは、その値を随時抽出して精査したもの。入手可能な2004年以降における、日本国内の家庭用ゲーム機(ソフト・ハード合計)の総出荷額の推移を示したものだが、青色が国内向け、赤色が海外向けの金額を指している。

↑ 2004~2012年における家庭用ゲーム総出荷額(ソフト・ハード合計)
↑ 2004~2012年における家庭用ゲーム総出荷額(ソフト・ハード合計)
↑ 2004~2012年における家庭用ゲーム総出荷額比率(ソフト・ハード合計)
↑ 2004~2012年における家庭用ゲーム総出荷額比率(ソフト・ハード合計)

日本国内・国外を問わず、据え置き型の家庭用ゲーム機Wiiやプレイステーション3が登場した2007年が天井となり、2009年以降は急速に縮小傾向にある。直近2012年では国内市場が3958億円、国外市場は8376億円にまで落ち込んでいる。

特に海外市場の縮小ぶりは顕著で、最盛期の2007年と直近2012年を比較した場合、国内は33%の減少に留まっているのに対し、海外は64%もの減少を見せている。この動きに伴い、国内外シェアも少しずつ国内が増加しており、2012年では32.1%という値を示している。もっともこれは双方とも金額を落とした上での結果であり、喜ばしい話ではない(為替レートの動きが一因ではあるが……)。

国内に比べて海外の縮小ぶりが著しいのは、一つに「日本のゲームが以前と比べて海外に受け入れられなくなったから」。相変わらず任天堂の主要タイトルはベストセラーを続けているが、他社タイトルは以前のような勢いは感じられない。

そしてもう一つは日本国内にも影響が生じている「スマートフォン」の普及による家庭用ゲーム機離れ。子供にとって「ゲーム端末」とは「ゲーム機」なのか「スマートフォン」なのかで詳しく解説した通り、ゲーム機としても十分以上の機能を発揮する、しかも「便利」「低リスク」「安価」なスマートフォンが、ゲーム専用機でしかない家庭用ゲーム機を凌駕しつつある。2年前の話になるが、アメリカで行われた「クリスマスプレゼントに欲しい電子機器」として上位にiPadやiPod Touch、iPhoneが挙がり、ゲーム機は6位にようやくニンテンドー3DSが顔を見せるという状況だった。現時点ではさらにこの傾向が顕著なものとなっているに違いない(「クリスマスはiPadネ」米の子供達が年末年始に欲しい電子機器は?)。

↑ 今後半年内に買って欲しい「電子機器」(米、6-12歳、2011年10月)
↑ 今後半年内に買って欲しい「電子機器」(米、6-12歳、2011年10月)

国内の市場規模は今や5000億円割れ

なお上記額は「出荷額」であり、小売価格では無い。市場規模を示す場合は小売価格をベースにする場合が多い。そこで国内に限るが、家庭用ゲーム機の「市場規模推移」を示したのが次のグラフ。

↑ 2004~2012年における家庭用ゲーム国内市場規模(推測、億円)
↑ 2004~2012年における家庭用ゲーム国内市場規模(推測、億円)

2004年以降では新ハードが続々登場した2007年をピークとし、以降2012年まで減少し続けている。かつてゲーム業界は国内だけで周辺産業も合わせ「1兆円市場」とも呼ばれていたが、今や規模としてはその半分程度。

家庭用ゲーム機の一番のお得意様となる子供たちの間ですら、「欲しいもの」として以前ほどゲーム機の引き合いは無く、むしろスマートフォンをはじめとした携帯電話への需要が高まっている。大学生以上になれば、ゲーム用端末としてもっとも用いられているのはゲーム機ではなくスマートフォンであるという結果も出ているほど。

新型機が登場しても、かつてのように市場が底上げ・活性化されるという気配も見せなくなった家庭用ゲーム機市場。市場そのものが消失することは無いが、今しばらくは縮小の一途をたどることになるだろう。何しろ競合相手のスマートフォンは、今後もさらに普及率を高めていくのは間違いないのだから。

■関連記事:

ゲームをする時に一番良く使う端末はゲーム機? それとも……