シン・ゴジラに出てくる日本人はファンタジー

政治家が主人公のシン・ゴジラ。こんなかっこいい政治家、絶対現れない!(写真:MANTAN/アフロ)

話題のシン・ゴジラを観てきたのだが、とにかくすごかった。

「日本の怪獣映画が、ジュラシックワールド並みにすごいことになってる!かぶりものじゃなくなってる!」という映画としてのレベル感がすごいだけではない。

何がすごいって、音楽も含めてエヴァンゲリオンで感じた興奮が感じられること。

やはり、庵野秀明監督だなぁ、というカメラワーク、シーンごとの圧倒的情報量。

観終わった後には「私たち日本人はまだまだできる!」という希望すら覚えてしまう。

音楽もエヴァそのもの+初代ゴジラで、映画音楽好きの私にとってはウハウハもの。

しかし、本当にすごいのは、そんなちんけな感動ではない。

冷静に考えたら、エヴァンゲリオンの最終話の展開、その後の映画版の結末を考えたら、「日本人はまだまだできる」みたいな話で終わってること自体がありえない。

エヴァの終わり方なんて、「人間なんか生きてる希望もなし」みたいな絶望的なものだった。

アニメ版しかり、劇場版しかり、とにかく絶望的に意味不明で、観た者を「期待してるお前がばかなんだよ」ぐらいのノリだった。

なけなしのお小遣いを握りしめて見に行った劇場版エヴァンゲリオンで「意味不明」としか思えなかった、かわいそうな中学生時代の私。

そういう「お前ら全員バーカ」みたいなノリがエヴァだったことを考えたら、シン・ゴジラのこの清々しすぎる「感動」こそ、異様だ。

そこまで考えて思った。

シン・ゴジラという作品は実は壮大な「ブラックジョーク」なのではないか、ということだ。

ストーリーなんて、「亡国のイージス」とか「沈黙の艦隊」とか、場合によっちゃ「坂の上の雲」まで連想させるような展開で、そこには「思想性」「政治性」も、ありそうで実は全然無い。

ただただ、ゴジラという自然災害によって危機に瀕するかわいそうな国、日本。

「遠いアジアの国を犠牲にしてでも世界を守る」といきまくアメリカを中心とした国際社会によって「いじめられている」かわいそうな国、日本。

なんだかんだいっても、何やらすごい科学技術力を持っている日本。

しかも、国の機関だけではだめで、民間企業や民間技術者の協力を得ているあたり、やっぱり日本のサラリーマンの底力ってすごい。

そして、この国はまだまだやれる、とか呟いてますます頑張る青年政治家の主人公。

日本沈没もびっくりの自然災害ゴジラの出現によって、正義の心と愛国心に目覚める官僚、政治家、自衛隊、民間人。。。というかTHE日本株式会社のようなサラリーマンの男たち。

あっけないまでの、想定通りのゴジラ撃退劇を見事にやってのける、ニッポンのサラリーマンたち。

エヴァンゲリオンの難解さ、観ている者を小馬鹿にしているとしか思えないような結末(なのに面白い)を考えたら、シン・ゴジラはあまりにもわかりやすすぎて、素直に観ていいのか裏を読みたくなってしまう。

そういえば、セリフの随所に皮肉が垣間見える。

うろ覚えなので、こんなこと言ってたな、というイメージで読んでほしいのだが、いくつか「いやぁ、それ、皮肉だよね」と思ってしまう箇所がけっこうあった。

たとえば、「この国は大きな災難に見舞われるたびに立ち上がってきた」という主人公のセリフ。

えー、まじで?

戦後復興は、自力じゃなくて朝鮮特需だから、「立ち上がってきた」というよりは「立ち上がらせてもらった」ようなもの。

東日本大震災、とりわけ福島の原発の問題があそこまで甚大な被害になってしまったのは、人災が原因。

そもそも、災難から立ち上がったとかいうより、災難を自分で作ってたよね、政治家・官僚・東電のみなさんは。

なのに、そこからの「見せ方」が上手で、「震災復興をさせた」くらいのことを言ってのけている。

今回のゴジラが生まれてしまった背景にもやはり「災難を自分で作っている」要素がある。

最初のうちの登場人物たちの使えなさといったら、やばい。

なのに、そこから正義と愛国心に目覚めて、みんないきなり頑張っちゃう。

で、挙国一致で窮地を脱するのである。

美しきかな、愛国心。

素晴らしきかな、日本のサラリーマン。

斜陽の国、日本を守るために命を張る、本当はかっこいい日本のサラリーマン。

だが、そこに異様な存在感を放っているのが、米国から派遣されてきた、石原さとみ扮する、日系アメリカ人の特任大使。

この彼女が、主人公たちになんだかんだいって協力的で、最後は自分自身の「40代で大統領になる」という夢まで諦めて日本政府に協力する。

対米従属で苦しめられているけれど、アメリカから派遣されてきた鼻持ちならない強権的な女をも味方につけてしまう、日本のかっこいいサラリーマン。

なんだけど、彼女の存在こそが「この映画そのものが、壮大な皮肉なのかもしれない」と思わせる要素なのだ。

だって、彼女の英語がおそろしく下手くそなのである。

日本の官僚役のほかのおじさんたちよりも下手な英語でアメリカ人役なんて、ありえない。

石原さとみはけっこう好きな女優だから、応援したいけれど、どう頑張ってみても、演技力で英語力はカバーできない。

これは、ミスキャストとしか言いようがないレベルで、石原さとみが「日系アメリカ人の女性大使」役を演じなければならなかった意味がわからない。ネイティブレベルの英語が話せる女優なんてほかにいくらでもいただろうに、なぜ彼女にこの役をさせたのか?

彼女が登場すると「この映画は、やっぱり虚構なんだ」という現実を突きつけられる。

この映画に限らないが、日本の映画やアニメには「アメリカ人」がよく登場する。

英語のセリフなんかも入っているのだが、英語ができない日本人が演じている「英語ができる人の役」「アメリカ人の役」は、英語ができる人間からすると、あまりにもこっぱずかしくて、直視できない。

この「直視できない」感覚によって、ちょいちょい「この映画は虚構」「この映画の日本はファンタジー」という事実に引き戻される。

登場人物の言葉づかい、話し方、態度、いかにもな「お役所仕事」の様子などは、本当にリアリティがある。

なのに、どこまでいっても、ここに描かれている日本人、日本という国はすべて虚構なのだ。

それを、この「日系アメリカ人大使の女性」が体現している。

シン・ゴジラの「現実(日本)vs虚構(ゴジラ)」というキャッチコピーそのものも含めて、この映画はきっと壮大なブラックジョークなんだと思う。とてつもないリアリティで、私たち日本人が見て・聞いて喜ぶ、いかにも本物っぽい「日本」が、虚構であるという事実そのものを描いているとんでもないドキュメンタリー映画なのかもしれない。。。

なのに、悔しいかな、本当に面白い。ぐいぐい引き込まれる。感動する。

観終わった後には、「やっぱり日本で、日本のサラリーマンと結婚すればよかった!」と不覚にも思ってしまった。

そして、なんだか「こんなものに感動しちゃってるの?」と言われているような気分になったので、この記事を書いてみた。

穿った見方をしすぎでしょうか?