全米オープン3日目のデシャンボーは、いつもより淡々とプレーしていた。特筆すべきは難関の3日目を彼がノーボギーで回り切ったこと。「フェアウエイを捉え、グリーンを捉えることを目指すのは当たり前だけど、、、