T・ウッズ、事故後の2つの新事実。報じられた「思い込み」と「医薬品の空ボトル」

(写真:ロイター/アフロ)

タイガー・ウッズが2月23日に起こした交通事故の原因を調べていた米カリフォルニア州ロサンゼルスの捜査当局は、4月7日に「ウッズのスピードの出しすぎだった」と発表したが、その後、米USAトゥデイ・スポーツは、22ページに及ぶ膨大なレポートを入手。その一部を報じた。

その報道によると、事故直後、駆け付けた警察官からその場で声を掛けられたウッズは、事故のことを「覚えていない」と答えた以外に、そのとき自分が事故現場のカリフォルニアではなく、自宅のあるフロリダにいると思い込んでいたという。

また、車内に残されていたウッズのバックパックの中には、医薬品の空ボトルが残されており、そのボトルにはラベルが貼られておらず、中身が何だったかわからない状態になっていたことも、レポートには記されているという。

7日に地元の捜査当局が発表した内容は、ウッズの車に搭載されていた、いわゆるブラックボックスの解析に基づくものとされており、それによると、制限速度が時速45マイルの区域でウッズが最大で時速87マイル(約140キロ)前後と、制限速度を大幅に超過して運転していたため、カーブを曲がり切れず、まっすぐ突っ切ったとされていた。

また、事故現場にブレーキ痕が残されていないのは、ウッズがブレーキを踏もうとして誤ってアクセルを踏んだ可能性があるという見解も発表されていた。

そして警察当局は、この事故を単純な自損事故とみなして、ウッズに刑事責任を問うことはないと発表。

ウッズ本人も、自身のツイッターで事故調査が終わり、「足のケガの治療に励みます。辛い時期に応戦してくれているみなさんに感謝しています」と綴ったばかりだ。

折りしも、捜査当局の発表は、マスターズ・ウィークと重なり、今はその2日目が進行中。ゴルフファンにとっては、まさに1年で最大の「ゴルフの祭典」の真っ只中のときである。

ゴルフ界の永遠の王者であり、偉大なるレジェンドであるウッズは、事故後もツアー仲間や若きプレーヤーたちに病院からも自宅からも温かいエールを送り、送られた選手もウッズの励ましからエネルギーやパワーをもらってきた。

すでに捜査当局の事故調査は完了しているのだから、ウッズの事故に関しては、そっとしておいてほしいと、ウッズを愛する一人としては願っているが、謎めいていることがいくつも残されていることは事実であり、米メディアはウッズの事故にまつわる謎の追及に余念がない様子である。今後の動きを見守りたい。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米後、米ツアー選手と直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を発信している。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。2019年から米国から日本に拠点を移す。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。ラジオ番組「舩越園子のゴルフコラム」四国放送(月〜金、12時55分から13時)、静岡放送(日曜、朝7時30分から7時45分)、山梨放送(月〜金17時25分から17時30分)で放送。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    高梨沙羅「五輪で勝つ方法がわからない」屈辱のソチから7年、北京への覚悟折山淑美5/15(土) 17:00
  2. 2
    ホークス田中正義が久々実戦で150キロ超連発! 甲斐野は最速155キロ田尻耕太郎5/15(土) 11:15
  3. 3
    166cm右腕が150キロ連発、ソフトバンク三軍を7回零封。火の国サラマンダーズにまたドラフト候補か田尻耕太郎5/15(土) 7:30
  4. 4
    通算300本以上のホームランを打ち、マウンドにも上がったのは、ベーブ・ルースだけではなかった宇根夏樹5/15(土) 15:09
  5. 5
    “投手メイン”という大前提が崩れ始めている大谷翔平起用法とジョー・マドン監督との微妙なズレ菊地慶剛5/14(金) 13:20
  6. 6
    メジャー最古の球場で11号を放った大谷翔平。ベーブ・ルースと初めて同じ球場で本塁打を記録三尾圭5/15(土) 14:56
  7. 7
    プロ生活8年目、ワールドカップ予選に向かう日本代表守護神林壮一5/15(土) 0:01
  8. 8
    “スイーツ親方”元横綱・大乃国の芝田山親方が語る、照ノ富士とほかの3大関の違い飯塚さき5/14(金) 7:00
  9. 9
    バレンティン、デスパイネ出場の二軍戦で若鷹躍動!増田珠が代打同点アーチ、川瀬決勝打田尻耕太郎5/15(土) 7:55
  10. 10
    なぜレアルはジダンの続投を”決定”しないのか?マルセロとの「確執」にC・ロナウドが抜けて失われた調和森田泰史5/14(金) 7:30