心を元気にしてくれる!?ウッズ回復を祈る米ツアー選手たちの「ちょっとした」取り組み

(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

今週開催されている世界選手権シリーズのワークデー選手権の最終日に、何か面白いことが起こりそうだ。

交通事故で右脚に重傷を負ったタイガー・ウッズの回復に祈りを込めて、出場選手たちが「何か」をしようとしている。

たとえば、北アイルランド出身のローリー・マキロイは、ウッズの最終日の定番の装いである「サンデー・レッドシャツ&ブラックパンツ」姿で登場するつもりだという。

そして、米国のパトリック・リードも「もちろん僕もそうする!」と名乗りを上げている。

かつてウッズに憧れて育ったリードは、ジュニア時代も大学時代も、ずっとウッズの真似をしてレッドシャツ&ブラックパンツで試合を戦っていた。プロ入り後も最終日はその出で立ちだったのだが、2018年マスターズの際、「サンデー・レッドシャツはウッズのみに!」と両者の共通のウエア契約先であるナイキから"お願い"された模様で、あのときからリードは最終日に赤いシャツを着なくなり、あのマスターズではピンクのシャツで勝利した。

そんな経緯もあるのだが、リードは、そもそも赤いシャツが好きだったわけだし、今でも最終日以外では赤いシャツを着ても構わないわけだから、赤いシャツはたくさん持っている。

しかし、「赤いシャツと黒いパンツ」という上下のコーディネートを誰もが突然、用意できるとは限らない。で、その用意ができない選手は、明日の最終日に何か別のことをして、ウッズの回復を祈る気持ちを表現しようとしている様子なのだ。

それが「何」になるかは、まだわからないのだが、たとえば、ブリヂストンと契約しているブライソン・デシャンボーやジェイソン・デイ、マット・クーチャーは、「TIGER」と印字されているボールを同社からもらって、明日の最終日は、その「タイガー・ボール」でプレーするという。

男子ツアーのみならず、女子ツアーからも、同じような声が聞こえてきている。今週、50歳にして13年ぶりに米LPGAの大会、ゲインブリッジLPGAに出場しているかつての女王アニカ・ソレンスタムもレッド&ブラックを着る予定だそうだ。

そうなると、ソレンスタムに続いて、他の女子選手たちも「何か」をする、、、、かもしれない。

ウッズの報にゴルフ界全体の気持ちやムードが沈んでいる中、こういうユニークでポジティブな「ちょっとした」取り組みが、人々の心を、たとえほんの少しであっても元気にしてくれる。

明日の最終日、何が起こるのだろう――そう思えば、ちょっとだけワクワクしてきて楽しくなる。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米後、米ツアー選手と直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を発信している。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。2019年から米国から日本に拠点を移す。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。ラジオ番組「舩越園子のゴルフコラム」四国放送(月〜金、12時55分から13時)、静岡放送(日曜、朝7時30分から7時45分)、山梨放送(月〜金17時25分から17時30分)で放送。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    「放射能の食材、旭日旗問題にも対応する」韓国の東京五輪参加は確実か。100日前に公式服装も発表金明昱4/14(水) 17:07
  2. 2
    【落合博満の視点vol.29】大の偏食家が三冠王に変身した“大成する食事の摂り方”横尾弘一4/14(水) 0:30
  3. 3
    IBFスーパーフライ級王者、ヘルウィン・アンカハスが9度目の防衛に成功林壮一4/14(水) 0:01
  4. 4
    台湾出身の張育成がSNSに投稿したメッセージの内容から垣間見られる米国社会の病巣菊地慶剛4/14(水) 11:48
  5. 5
    イン強襲で皐月賞を勝ったゴールドシップ。当時の各騎手の心境とは?平松さとし4/14(水) 5:00
  6. 6
    韓国メディアが松山英樹のスイングを徹底分析!「タイガー・ウッズの全盛期に匹敵する……」金明昱4/14(水) 7:00
  7. 7
    中日が辛うじて免れた「ノーヒット・ワンラン」が最後に起きたのは…。六大学ではわずか3日前宇根夏樹4/14(水) 8:43
  8. 8
    パナマに快勝も、コロナ禍で顕在化したマッチメイクの難しさ。五輪決勝の地でなでしこが見つめ直したもの松原渓4/14(水) 10:00
  9. 9
    残り15秒からの逆転勝利でトヨタ自動車が掴んだ確かな手応え菊地慶剛4/13(火) 13:11
  10. 10
    選考基準は? あの人の不在はなぜ? 2021年日本代表候補をひも解く。【ラグビー旬な一問一答】向風見也4/13(火) 6:00