斧で車をこじ開けて救出されたタイガー・ウッズ。「命に別状はない」が、「命を落とさなかったのは奇跡」

(写真:ロイター/アフロ)

「命を落とさなかったのは奇跡だ」

ロサンゼルス市警のポリス・オフィサーの言葉が、タイガー・ウッズの交通事故の激しさを物語っていた。

米メディアによると、ウッズが単独事故を起こしたのはロサンゼルス南西部の高級住宅街パロスベルデスを南北に走るホーソーン・ブルーバード上の下り坂だった。地元の警察官は「あの下り坂は事故多発地帯です」と言っていたが、地元の住民は「あそこはギアを落として走れば、さほどの急傾斜ではないから、事故を起こすような道ではない」とも言っている。

だが、ウッズは事故を起こしてしまった。2月23日の午前7時12分。雲一つない快晴の朝、閑静な住宅街に「ガツン、ガツン、ガツン」という轟音が数回鳴り響いたそうだ。

音を聞いて飛び出してきた近所の住民が911に緊急通報。約10分後、ロサンゼルス郡警察が駆け付けたとき、ヒュンダイ製の高級SUV車「ジェネシスGV80」が道路から6メートル以上も離れた脇のブッシュの中で、横転した状態になっていた。車のサイドボディには、先週、ロサンゼルス近郊のリビエラCCで開催されたジェネシス招待の大会ロゴが記されていた。

このとき、その車の運転席にいる人物がタイガー・ウッズであることは、警察官も、駆け付けた近所の人々も誰一人、「想像もしていなかった」。

車両は大破しており、主に前部の損傷が激しかった。警察官は周囲の状況から、車両が数回、横転したことが、すぐにわかったという。

「運転手は意識があり、シートベルトも着用していた」

そのとき、運転手がウッズであることが初めてわかった。ウッズは車の中に閉じ込められた状態だった。消防署のクレーン車の出動要請はすでに行なわれていたが、救出に当たった警察官らはクレーンを待つ間、咄嗟の判断で斧のようなものを使って車をこじ開け、ウッズを引っ張り出した。

「意識はしっかりしていたが、出血量はかなり多かった。足首を負傷しており、脚は左右とも複数のケガが見て取れた。とりわけ片方の脚の損傷が激しかった。命を落とさなかったことは奇跡だ」

ウッズが見事な勝利を挙げたとき、また1つ、新たなメジャー優勝を飾ったとき、米ゴルフ界、いや世界のゴルフ界が歓喜し、大勢のファンが歓喜に酔いしれたことが、これまで幾度あったことだろう。

しかし、その逆で、ウッズの「まさか」の出来事に戦慄を覚えたことは、これが3度目になる。

2009年11月27日にウッズがフロリダ州オーランドの自宅近くで消火栓にぶつかった小さな交通事故は、その後、未曽有の不倫騒動へと発展していった。

2度目は、2017年5月29日の早朝3時(現地時間)。フロリダ州ジュピターの自宅近くの路上に停止していた車の中で朦朧とした状態のウッズがDUIで逮捕されたという一報は、世界を驚かせた。

今回の交通事故は3度目の衝撃となった。運転していたのは、先週、大会ホストを務めたジェネシス招待のタイトル・スポンサーの車。常にスポンサーに対して義理堅く、真摯な姿勢であるウッズらしいなと感じさせられる。

報道を聞いた米国のゴルフファンの中には、昨年1月に突然この世を去った元NBAスター選手、コービー・ブライアントのヘリコプター事故のことが「頭によぎった」という人々も多い様子だ。

米ツアー仲間であるオーストラリア出身のアダム・スコットも「タイガーやコービーはアンタッチャブルだと思われがちだが、そうではない。彼らも人間なんだ。ただただ回復を祈っています」と悲痛な表情で語ったという。

ウッズは昨年12月に長男チャーリーくんと父子でPNCチャンピオンシップに出場し、元気な姿を見せていたが、実際は、その試合の間に腰に痛みを覚え、大会後に生涯5度目の腰の手術を受けていた。

そのリハビリ途上だったため、先週のジェネシス招待には出場できず、大会ホストの役割を縮小して務めていた。4月のマスターズ出場が期待されていたが、「僕も出場できたらいいなと思っている」と言うにとどめ、出場の可否は明言しなかった。

今回の交通事故で、もはやマスターズ出場の可否どころではなくなったことだけは確かであり、今はウッズの回復を祈るばかりである。

現地からの一報によれば、ウッズの命に別状はないとのこと。「命を落とさなかったのは奇跡だ」という言葉が示す通り、命に別状がないという今の状態はさらなる奇跡。ゴルファーとしての再起の可能性は、もちろん気になるが、今は、ただただその奇跡に感謝し、ウッズの回復を祈っている。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米後、米ツアー選手と直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を発信している。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。2019年から米国から日本に拠点を移す。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。ラジオ番組「舩越園子のゴルフコラム」四国放送(月〜金、12時55分から13時)、静岡放送(日曜、朝7時30分から7時45分)、山梨放送(月〜金17時25分から17時30分)で放送。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    1ケ月ぶりに帰って来た武豊。天皇賞の週での復帰を前にした現在の心境を語る平松さとし4/22(木) 7:36
  2. 2
    “次世代セクシークイーン”と呼ばれるユ・ヒョンジュのその後と現在。今日から韓国女子ゴルフ大会に出場…慎武宏4/22(木) 7:12
  3. 3
    MLB15年目のカート・スズキから見た大谷翔平は「投げる度に完全試合、ノーヒッターを期待できる投手」菊地慶剛4/22(木) 12:53
  4. 4
    【F1】ハミルトンとフェルスタッペンは1点差。F1で久しぶりに展開される強烈なライバル対決!辻野ヒロシ4/22(木) 11:53
  5. 5
    トラウト、大谷、ウォルシュ。OPS1.000以上が3人並ぶ打線はエンジェルスだけ宇根夏樹4/22(木) 16:52
  6. 6
    Vol.07 ラグビー 台風の目 NTTドコモがノックアウトトーナメントを勝ち上がるための2つの提言福富信也4/22(木) 11:30
  7. 7
    「城島に近い」と森三軍監督。ホークスのドラフト1位井上朋也は4番で英才教育田尻耕太郎4/22(木) 16:52
  8. 8
    大谷翔平を凌ぐ二刀流の強打者現る!? 打率4割&4本塁打の「ヤミーネーター」がDH解除でマウンドへ宇根夏樹4/20(火) 11:53
  9. 9
    元広島・ピレラ2打席連続弾 大量リード受けたブキャナン(元ヤクルト)は3勝目<韓国KBOリーグ>室井昌也4/21(水) 23:18
  10. 10
    骨折の判明したオジュウチョウサンと新王者の当事者達、それぞれの想いとは?平松さとし4/21(水) 6:42