「勢い」でメジャー初制覇を狙う怪物ブライソン・デシャンボーの強さの秘密

今度こそ、メジャー初制覇!?「勢い」で戦うデシャンボーの強さが光る(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 全米オープン2日目。ウイングドフットはスコアが伸びた初日とは打って変わって、全米オープンらしい超難セッティングへと一変した。ラフは一層深まり、グリーンは固く速くなり、そこに難しいピン位置が加わったことで、コースの難度は一気に高まった。

 この日、アンダーパーで回ったのは、ブライソン・デシャンボー、松山英樹、バッバ・ワトソンのわずか3人。

 そして、初日66、2日目はイーブンパーの70で回ったパトリック・リードが通算4アンダーで単独首位に立ち、69―68をマークしたデシャンボーが通算3アンダーで単独2位へ浮上。

 リードと同組で回った松山は通算イーブンパーで7位タイに付け、リーダーボードの上段には楽しみな顔ぶれが揃って全米オープンらしいドキドキ感が溢れ出している。

 日本人選手は今平周吾が通算5オーバー、33位タイ、石川遼が通算6オーバー、49位タイで、ともに決勝進出。アマチュアの金谷拓実は通算7オーバーで1打及ばず予選落ちとなった。

【「勢い」で戦う】

 2日目の「スター」は、なんと言っても、デシャンボーだった。大半の選手が苦しむ中で、デシャンボーは2アンダーで回り切り、まだ手にしたことがないメジャー・タイトルに迫り始めた。

 とはいえ、デシャンボーのスコアカードに目をやれば、ボギーとバーディーが交互に入れ替わるデコボコ状態だった。前半は3バーディー、3ボギーのイーブンパーで回り、後半も2バーディー、2ボギーで最終ホールの9番(パー5)を迎え、見事にイーグル奪取で2つ伸ばすという圧巻の締め括りだった。

 好スコアをマークした好ラウンド。何がそうさせたのかと問われたデシャンボーの返答は、いかにも彼らしいものだった。

「言うべきことは1つ。必要なのは、この全米オープンでいいプレーを続けるぞという勢いだ」

 難コースを相手にイーブンパーと戦う全米オープンで優勝を競い合う選手たちと言えば、険しい表情で黙々と戦うイメージだ。デシャンボーのように「勢いだ」と言い切る選手はきわめて珍しい。

 だが、デシャンボーが言った「勢い」というのは、この日の彼のプレーが物語っていたように、「落としても奪い返すぞ」という執念、コースがどんなに難しくても「スコアを伸ばすぞ」という向上心、そして「勝つぞ」という渇望のことを総称して、彼なりに表現したものなのだろう。

 執念、向上心、渇望を内に秘めて黙々と戦う選手たちが多い一方で、デシャンボーは、そうしたものをありありと漲らせて戦う。どちらも一心不乱に戦っていることに変わりはないが、両者は一見、正反対に見える。

【一方で「黙々と」努力】

 「勢い」で戦うデシャンボーは、眺めていてもワクワクさせられて楽しい。しかし、一方で彼は、人々から見えないところでは、涙ぐましいほどの研究と工夫と努力を積んでいる。その陰の努力を積む様子は、むしろ「黙々」という印象を受ける。

 米ツアーにデビューしたころから、パット下手を痛感していたデシャンボーは、自分なりの分析と練習で、あの機械のようなユニークな構えやストロークを身に付け、今ではパットが彼の大きな武器になっている。

 飛距離を伸ばすために大幅な肉体改造に取り組み、コロナ禍を経てツアーが再開されたとき、別人のように筋肉隆々になって登場し、360ヤード、370ヤードをかっ飛ばして、人々を驚かせたことは周知の通りだ。

 そうやって、ドライバーとパター、飛距離とスコアリング。その両方を伸ばすための努力をデシャンボーは黙々と重ね続けてきた。

 先月(8月)は全米プロで4位タイになったが、その後のプレーオフ3試合では予選落ちや下位にとどまり、気持ちはすっかり沈んだ。

だが、自身を鼓舞し、このウイングドフットにやってきた。ジャスティン・トーマスから2打差の3位タイで発進した初日のラウンド後は、ウエッジを調整するなど、さらなる駒かな工夫や努力に余念がない。

「今、僕の自信は最高レベルだ。ドライバーは上手く打てているし、アイアンショットも素晴らしい。ウエッジは日に日にベターになっている。パターはいけるぞと感じている」

 米ツアー通算6勝の実力がありながら、メジャー未勝利なのは、感情の起伏がありすぎて集中が途切れるからだと自己分析。

「もっと我慢強くなろうと、毎日、『忍耐』に取り組んでいる。ラウンド中、メンタル面が乱れそうになったら、より深く長く深呼吸して集中力を取り戻す」

 

 そうやって人知れず、黙々と陰の努力を積み、ひとたびコースに出たら、とりわけ全米オープンでは「勢い」で戦う。残るは決勝2日間。そんなデシャンボーのメジャー初優勝が今度こそ見られそうな予感がする。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米後、米ツアー選手と直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を発信している。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。2019年から米国から日本に拠点を移す。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。ラジオ番組「舩越園子のゴルフコラム」四国放送(毎週月〜金、12時55分から13時)、静岡放送(毎週日曜、朝7時30分から7時45分)で放送。YouTubeチャンネル「園子の花道」を配信。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    コントレイルに迫ったルメールが語る幸運と誤算、位置取りと最後の直線の真相とは?平松さとし10/28(水) 6:30
  2. 2
    メジャーリーグ監督への道。崩しきれない「人種の壁」と新たなハードル「学歴の壁」谷口輝世子2015/12/2(水) 6:04
  3. 3
    すでに10校が夢の舞台へ!100回目の「花園」こと全国高校ラグビー大会、今年は63校が出場  斉藤健仁10/28(水) 18:03
  4. 4
    「同姓同名」の選手たち。田中幸雄、西岡剛、鈴木健、藤田宗一…。そこに坂本勇人も加わる!?宇根夏樹10/28(水) 7:23
  5. 5
    中村憲剛が助言を続ける理由 フロンターレの大黒柱が明かした「人間観察」の鉄則金明昱10/28(水) 9:00
  6. 6
    なぜ、冨安健洋の冬のミラン移籍は期待薄なのか? 評価維持、守備陣好調で「うまみなし」中村大晃10/28(水) 10:32
  7. 7
    セナの死から26年半、F1は再びイモラへ。エミリア・ロマーニャGPは異例の2日間スケジュールで開催!辻野ヒロシ10/28(水) 17:00
  8. 8
    ドラフトで田澤純一が指名されなかったのは、年齢だけが理由?宇根夏樹10/27(火) 13:02
  9. 9
    NBAの元スター選手がボクシングデビュー!?林壮一10/28(水) 0:01
  10. 10
    30年前、カズが日本に帰ってきた!――1990年10月28日川端康生10/28(水) 8:00