米ツアー再開されたなら「出場者数アップ」「1週間2試合」「仮払い金」という選手救済策がすばらしい

米ツアーは3月のプレーヤーズ選手権初日までで止まってしまっているのだが、、、(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 「さすが、米ツアーだ」と感心させられるニュースが耳に入ってきた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、米ツアーは5月7日~10日のAT&Tバイロン・ネルソンまでの中止を決め、PGAオブ・アメリカはその翌週に予定されていた全米プロの延期を決めている。

 その後、試合再開の見通しは立っておらず、それどころか、今季の全大会が行なわれないことをすでに覚悟している選手や関係者も少なくない。

 そんな中、米ツアーは、今できる最大限の前向きな努力と姿勢を打ち出した。

 次に予定されている招待競技のチャールズ・シュワッブ・チャレンジとメモリアル・トーナメントが「もしも開催できたなら」と前置きした上で、従来の出場者数「120人」を「144人」へ拡大し、「一人でも多くの選手にプレーする機会を与えたい」という。

 さらに、「もしも今季終盤にツアーが再開されたなら」と前置きした上で、「1週間に2試合を開催」し、やはり一人でも多くの選手のプレー機会を創出するつもりだそうだ。

 一層、興味深いと感じさせられたのは、この4月から施行される予定だったペース・オブ・プレーの新ルールを来年まで保留すると決めたことだ。緊急事態ゆえに、与えられるものや授けられるものを最大化する一方で、規制や取り締まりは最小限に抑えるという姿勢には、博愛精神やギブ(give)の精神が溢れており、それは理屈抜きで素晴らしいと私は思う。

 米PGAツアー、とりわけ下部ツアーであるコーン・フェリー・ツアーの選手たちの中には、当面、試合開催はないことをすでに覚悟し、生計を立てるために一時的に別の仕事にすでに就いている選手もいる。

 オンラインでゴルフレッスンを行なっている選手は多いが、ゴルフとは無関係な分野の仕事に就いている選手もいるという。中には、感染拡大によって逼迫している医療関係ビジネスの手伝いを始めた選手もいる。彼らは「試合が無くなったことでダメージを受けているのは選手だけではない。ツアーも、大会も、みんながダメージを受けている」と考え、「自分たちもできるだけのことをしたい」と、たくましさを見せている。

 とはいえ、経済的に苦しい状況に陥っている選手は実際に出ており、今後、ツアーが再開される際、先立つものが無ければ試合に出るに出られない選手もいると思われる。

 そんな選手たちの窮状を救うため、米ツアーは最大10万ドル(約1070万円)の「仮払い金」を必要に応じて提供できるよう、関係各方面との調整を行なっているという。仮払い金はシーズン終了後のフェデックスカップのボーナスから差し引く形を想定しているそうだ。

 米ツアーは「選手たちの今現在、そして今後を救うためのクリエイティブな解決方法だと思う」と胸を張っている。

 感染拡大がいつ収まるか、ツアーがいつ再開できるか、先は見えない昨今だが、だからこそ、ツアーは選手を気遣い、選手もツアーを気遣って、今できることをやっていく。その姿勢は、さすがである。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    ヒクソン・グレイシーvs.船木誠勝、20年目の真実。両者の証言から考察する世紀の一戦の勝敗の分かれ目近藤隆夫5/26(火) 9:38
  2. 2
    40代で「1試合3本塁打」は4人。次に記録しそうなのは…宇根夏樹5/26(火) 11:28
  3. 3
    無敗で牝馬二冠。デアリングタクト偉業達成の裏で陣営が切ったカードとは……平松さとし5/26(火) 6:30
  4. 4
    FW籾木結花が米・OLレインに完全移籍。なでしこの技巧派が受け取った女子サッカー大国からのオファー松原渓5/26(火) 8:30
  5. 5
    侍・稲葉監督も注視した新エース左腕が3勝目 0点台防御率をキープ<韓国KBOリーグ>室井昌也5/26(火) 22:14
  6. 6
    ダルビッシュ有が発したYouTube上の「僕は立ち上がりが悪くない」発言をデータ調査してみたら…菊地慶剛5/26(火) 16:14
  7. 7
    金メダルを期待されて…小川直也インタビュー「地獄の銀メダル」28年目の真実近藤隆夫4/11(土) 8:15
  8. 8
    リーガ、再開に向けた動きが本格化。フットボールの「新たな日常」へ。森田泰史5/26(火) 7:00
  9. 9
    伊達公子に錦織圭――歴代テニス選手が足を運んだ、マンハッタン島の中の温かく優しい『日本』内田暁5/26(火) 23:11
  10. 10
    大会開催か中止か未発表のまま、高校女子硬式野球部の現在中川路里香5/25(月) 16:04