タイガー・ウッズの2020年始動日程と「19ドル92セントの粋なはからい」

リビエラは「すべてが始まった場所」。ウッズの人生とキャリアにおける特別な場所だ(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 昨年末の12月30日に44歳になったタイガー・ウッズ。注目されていた2020年の始動スケジュールが正式に発表され、何かと話題を呼んでいる。

 ウッズの今年の米ツアー初戦となるのは1月23日から26日に開催されるファーマーズ・インシュアランス・オープン。試合会場のトーリーパインズ(米カリフォルニア州)はウッズがこれまで同大会7勝を挙げ、さらに2008年全米オープンを制した相性抜群のコースだ。

 3度目の腰の手術で2016年を完全欠場後、1年5か月ぶりの復帰戦に選んだのは2017年のこの大会だった。そのときは予選落ちを喫し、同年4月に4度目の腰の手術を受けて再び戦線離脱した。

 その後、2018年に復帰戦となったのも、やはりこの大会だった。その年の秋に、ウッズは最終戦のツアー選手権で5年ぶりの優勝を飾った。そして翌2019年4月にマスターズを制して、メジャー15勝目を挙げた。

 こうしてみると、ファーマーズ・インシュアランス・オープンはウッズのキャリアにおいて、何度も大きな意味をなしてきた。今年も、この大会からウッズの何かが始まる予感がする。

【「大会格上げ」と「レジェンド化」】

 2020年のウッズの2戦目となるのは、ロサンゼルス郊外のリビエラCCで2月13日から16日に開催されるジェネシス招待だ。同大会をサポートするのはウッズが率いる「TGR財団」。ウッズ自身は大会ホストを務めている。

 そして、この大会はこれまで「ジェネシス・オープン」という名称だったが、今年から「ジェネシス招待」に変わった。

 この変化は大会の「格上げ」を示している。出場選手数は144人から120人へ絞られ、少数精鋭のエリートフィールドにすることで「格式の高い大会」という色合いが濃くなる。そうすることでスポンサーや協力企業も増え、大会のイメージや印象も向上されていく。

 こうした変化は、ジェネシス招待をアーノルド・パーマー(故人)の大会「アーノルド・パーマー招待」やジャック・ニクラスの大会「メモリアル・トーナメント」と同等化するもので、ひいてはウッズをパーマーやニクラスと並ぶレジェンド化するものでもある。

「この大会が来るべきところまで、ついに来たという感じ。とても嬉しい」

 ウッズは手放しで喜んでいる様子だ。

【粋なはからい】

 ところで、このジェネシス招待は、かつてはニッサン・オープンと呼ばれていた。そして、ウッズが生まれて初めて出場した米ツアーの大会は、1992年のニッサン・オープンだった。正確には、その際は「ニッサン・ロサンゼルス・オープン」という名称だった。

 16歳のアマチュアだったウッズは72-75で予選落ちとなったが、それがウッズのキャリアの原点となり、その経験があったからこそ、ウッズが今、メジャー15勝、通算82勝を挙げてレジェンドと化していることは間違いない。

「リビエラは僕のすべてが始まった場所だ」

 リビエラCCと1992年大会がウッズのキャリアの「起点」となったことを記念して、今年のジェネシス招待の入場チケットの値段は「19.92ドル(約2100円)」からスタートさせるという。

 米ツアーと米ゴルフ界、そしてウッズが考えることは、なんとも粋である。 

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    WBA、IBF王者ウィリアムズが地元でKO負けの大波乱 混乱するSウェルター級、真の覇者は誰か 杉浦大介1/23(木) 12:30
  2. 2
    モータースポーツ映画としては異例!「フォードvsフェラーリ」が高い評価を受ける理由 辻野ヒロシ1/23(木) 17:20
  3. 3
    東京五輪出場権を獲得した韓国「下部リーガーたちの反乱」とは? 慎武宏1/23(木) 7:06
  4. 4
    「タイガー・ウッズのための変更か?」と忖度も指摘され、揺れ始めた世界ゴルフ殿堂 舩越園子1/22(水) 12:35
  5. 5
    菅野に千賀、上野由岐子だけじゃない!今年の「鴻江キャンプ」は若手逸材の宝だらけだった! 田尻耕太郎1/22(水) 8:57
  6. 6
    プロ野球OBのファン交流イベントが3月福岡で。元西武・石毛氏や元巨人・入来氏らが参加 田尻耕太郎1/22(水) 15:32
  7. 7
    東京五輪にまだ間に合う!”森保ジャパン”未招集のスーパータレント 河治良幸1/18(土) 10:19
  8. 8
    日本サッカー協会との比較もあるが…韓国の「12年・240億円」の契約は得か損か 慎武宏1/21(火) 16:41
  9. 9
    MLB殿堂入り投票「B・ボンズは今回も落選だが、将来は別ルートで可能性あり?」 豊浦彰太郎1/22(水) 9:22
  10. 10
    女子セリエAに挑戦したなでしこリーガー。國澤志乃が直面した2つの“人生初”と、激動の5カ月間 松原渓1/22(水) 7:00