ローリー・マキロイが「2度目」にして満面の笑顔を見せたワケ

年間王者に輝いたのは今回が2度目のマキロイ。ようやく満面の笑顔が溢れ出した(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

ツアー選手権を制したローリー・マキロイは、キャリア2度目の年間王者に輝いた。フェデックスカップ・チャンピオンに2度輝いたのは、タイガー・ウッズに続く史上2人目だが、マキロイの1度目はいつだった、、、

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2019年8月サンプル記事

舩越園子

価格

540(記事15本)

2019年8月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    横浜で世界最高峰ラグビー。NZが南アフリカ下す。ラグビーW杯日本大会 多羅正崇9/21(土) 20:34
  2. 2
    ミドル級から7kgアップ カネロが2階級上のコバレフへ前代未聞の挑戦 木村悠9/22(日) 7:00
  3. 3
    ロマゴンがカリフォルニアで本格始動。王者に復帰すれば井岡一翔と統一戦はもうすぐだ 三浦勝夫9/22(日) 11:48
  4. 4
    あの監督の辞書に「敬遠四球」の文字はない!? このまま誰も歩かせなければ史上初 宇根夏樹9/22(日) 13:07
  5. 5
    「最もCSから遠ざかる球団」の逆転進出はあるのか 宇根夏樹9/22(日) 17:46
  6. 6
    日本代表のリーチ マイケル&田村優、ペナルティーゴールなぜ選んだ問題を語る。【ラグビー旬な一問一答】 向風見也9/21(土) 14:43
  7. 7
    ミクスタの奇跡?小倉に1万5千人集結、ラグビー・ウェールズ代表へ国歌を届ける。関係者も感激の大成功 多羅正崇9/18(水) 5:48
  8. 8
    オリックスの山本由伸は、防御率1点台のままタイトルを獲得できるのか 宇根夏樹9/22(日) 21:18
  9. 9
    大坂なおみが、PPOテニスで3度目の決勝へ! 生まれ故郷の大阪で、日本での初ツアータイトルを狙う 神仁司9/22(日) 6:00
  10. 10
    「ありがとう日本」全国各地でラグビーW杯参加国を大歓迎。世界で反響 多羅正崇9/10(火) 17:36