全英オープン覇者は「パートタイム・ゴルファー」。不思議な珍事の背景

まるでマスターズを制したウッズのよう。パートタイム・ゴルファーがスターになった(写真:青木紘二/アフロスポーツ)

 今年の全英オープンを制したのは、アイルランド出身の32歳、シェーン・ローリーだった。とはいえ、欧州ツアーを主戦場としてきた彼の名は、これまで日本ではほとんど知られていなかった。2015年に世界選手権のブリヂストン招待を制してからは、米ツアーでも正式メンバーになったが、それでも彼は地味で目立たず、スター選手という印象は皆無だった。

 一体、どんな選手なのか。それを知りたいと思ったら、とりあえず、彼のツイッターを覗いてみていただきたい。そこには、ローリー自身が記したこんな自己紹介の言葉が記されている。

「フルタイム@父&夫、パートタイム@ゴルファー」

 そう、今年の全英オープン覇者は「パートタイム・プロゴルファー」だった――。その“珍事”の背景と意味を、少しばかり辿ってみようと思う。

【不思議な逆転現象】

 米ゴルフ界の“ビッグ2”であるタイガー・ウッズとフィル・ミケルソンが揃って予選落ちを喫したのはメジャー4大会史上、初めての“珍事”だった。地元・北アイルランドの英雄であり、優勝候補の筆頭にも挙がっていたローリー・マキロイが2日間で姿を消したことも“珍事”であり、日本のファンにとっては、期待の星である松山英樹が予選落ちしたことは、ことさらに残念な"珍事"だった。

 そして、スター不在となった決勝2日間は「盛り上がらない」と見る向きが強かった。だが、最終日の異様なほどの盛り上がり方は、タイガー・ウッズが復活優勝を遂げた昨秋のツアー選手権や今春のマスターズを彷彿させるほどだった。

 68年ぶりに北アイルランドに戻ってきた全英オープン。その舞台、ロイヤル・ポートラッシュに詰め寄せた大観衆の目の前で、ローリーは2位に6打差を付け、堂々の圧勝でメジャー初優勝を遂げた。だが、開幕前に彼の優勝を予想した人は、どれほどいたことか。しかし、サンデーアフタヌーンを沸かせ、大観衆の拍手と声援を独占したのは、そのローリーだった。

 そんな不思議な逆転現象が起こった背景には、ローリー自身による自分の位置付けの変化と心の持ちようの変化があった。

【パートタイムの僕】

 アイルランドの小さな町で生まれ育ち、「12歳からゴルフクラブを握った」というローリーは、近所の友達と切磋琢磨しながら自己流で腕を磨き、瞬く間にシングルプレーヤーになり、母国のトップアマになり、2009年にアマチュアにして欧州ツアーのアイリッシュ・オープンを制し、その翌週、プロ転向した。

 2012年に欧州ツアー2勝目を挙げ、2015年には世界選手権のブリヂストン招待を制して米ツアー初優勝。ひたすら上を目指し、上昇気流に乗っていた当時のローリーにとって、「ゴルフはすべてだった」。

 しかし、2016年全米オープンでは、2位に4打差を付けて最終日を迎えながら、76と崩れてダスティン・ジョンソンに勝利を奪われ、敗北のビターな味を噛み締めた。

 その年に結婚。翌年には長女が生まれた。そのときからローリーは、人生のプライオリティをゴルフではなく家族に置き換え、父親として夫としての自分が「フルタイムの僕」であり、プロゴルファーとして戦う自分は「パートタイムの僕」であると位置づけた。

【混沌からの脱却】

 戦うことから逃げたのかと言えば、引退したわけではなし、逃避ではなかったのだろう。だが、傷ついた心を癒し、気持ちを整理するための、しばしの逃げ場を求めていたのかもしれない。

 ともあれ、ローリーは自分にとって大事なのは「家族」と位置付けたのだが、副業であるはずの「ゴルフ」への想いや勝利への執着は逆に日増しに強まっていき、その狭間で彼は揺れていた。混沌とした心を反映するかのように彼の成績は低迷していった。

 そんなローリーの苦戦ぶりを傍から見守っていたのは、北アイルランド出身の同胞であり、“Gマック”の愛称で知られる全米オープン覇者のグレーム・マクダウエルだった。

「今年、ローリーは米ツアーのシード権を失い、欧州ツアーへ戻らざるを得ない状況になった。でも、それがベストな作用をもたらした。もう一度、フォーカスし直し、自分のモチベーションを見つめ直することが彼には必要だったから、米ツアーのシードを失ったことが、そのためのきっかけになり、刺激になったんだ」

 Gマックが指摘した通り、ローリーはすぐさま1月に欧州ツアーのアブダビHSBC選手権で勝利を挙げ、笑顔と自信を取り戻した。そして戦士としての在り方も思い出した。その様子を眺めていたGマックは「やっと彼が本来のシェーン・ローリーに戻ってくれた」と安堵したという。

 それから半年後、ローリーは全英オープンを制覇し、メジャーチャンピオンになった。

【2度美味しい余韻】

 だが、勝ったからと言って、ローリーが再び人生のプライオリティを入れ替えるわけではない。ゴルフより家族。そう信じてきたからこそ、彼の心は癒され、不調も苦境も乗り越えることができた。

「明日の最終日、どんなスコアで回ろうとも、妻と娘が待っていてくれる」

 そう思えたからこそ、彼は見事な勝利を挙げることができた。

 

 これからもローリーは自己紹介の言葉を変えることはないだろう。

「フルタイム@父&夫、パートタイム@ゴルファー」

 パートタイム・ゴルファーがメジャーチャンピオンに輝いたのは、これまたゴルフ界の“珍事”だが、それがあまりにも素敵な珍事だからこそ、人々はローリーに惜しみない拍手を送ったのではないだろうか。

 戦い終えた今、ローリーはすでにフルタイム業務に戻り、すでに父親業、夫業に勤しんでいるころだろう。そんな光景に想いを巡らせることは、メジャー大会を観戦したファンにとっては「2度美味しい」祭りのあとの余韻である。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額540円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    大谷翔平の名前をアナウンスした米国ウグイス嬢は、なぜ、スムーズに発音できたのか。 谷口輝世子8/22(木) 6:27
  2. 2
    【インディカー】大クラッシュから生還するも、佐藤琢磨に待っていたバッシングとキャリア最大の試練。 辻野ヒロシ8/22(木) 9:00
  3. 3
    日本人としてインディカーで孤軍奮闘する佐藤琢磨。批判や理不尽に徹底抗戦し続ける理由 辻野ヒロシ8/23(金) 9:00
  4. 4
    リーグ優勝できなければ、2位でも3位でも変わらない!? 今年の広島と横浜の場合は… 宇根夏樹8/23(金) 15:18
  5. 5
    【渡邊雄太&パトリシオ・ガリーノ】大学時代に何度も話した代表での対戦が実現。次は東京五輪の舞台で… 青木崇8/23(金) 13:15
  6. 6
    筒香嘉智の200本塁打は史上8番目の若さ。山田哲人は何位にランクイン!? 宇根夏樹8/22(木) 18:09
  7. 7
    NBAから「オーナー」が消滅し始めている。なぜなのか。 谷口輝世子8/23(金) 10:56
  8. 8
    「日本女子ツアーでプレーする韓国人は確実に減っていく」 イ・ボミら韓国選手の勢いがなくなったワケ 金明昱5/13(月) 11:45
  9. 9
    MLBが所属全選手のベネズエラ・ウィンターリーグへの参加を禁止へ 菊地慶剛8/23(金) 12:27
  10. 10
    アルゼンチン人コーチが語る「バルサのネイマールが見たい!」 林壮一8/23(金) 0:01