八村塁とゲーリー・ウッドランドの「なるほど」の共通点

ゲーリー・ウッドランドは感謝の心、謙虚な姿勢を持っているからこそ強くなれた(写真:青木紘二/アフロスポーツ)

NBAのドラフト1巡目指名を受けた八村塁が、その場で米TV局のレポーターからマイクを向けられ、すぐさま「ジュニア・ハイスクールのコーチに感謝を伝えたい」と答えた姿を見て、一流アスリートたる素養は、、、

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2019年6月サンプル記事

舩越園子

価格

550(記事14本)

2019年6月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    井上尚弥の最強ランキング3位は正当な評価か?真価が問われるWBSS制覇後の戦い 三浦勝夫11/19(火) 7:59
  2. 2
    浅草寺や比叡山も? お坊さんが日本最強のスポーツ「カバディ」とは 平野貴也11/19(火) 8:00
  3. 3
    「プレミア12」決勝で韓国はなぜ侍ジャパンを相手に“日本キラー”を登板させなかったのか? 金明昱11/18(月) 9:14
  4. 4
    「プロ野球選手になりたい!」―BCリーグのトライアウトより 土井麻由実11/19(火) 11:30
  5. 5
    中国に新プロ野球リーグ発足。謎の新リーグCNBLのマネジメントを手掛ける日本人企業家(前編) 阿佐智11/19(火) 8:00
  6. 6
    サッカー韓国代表がブラジル代表とUAEで対戦することになった背景 慎武宏11/19(火) 19:15
  7. 7
    韓国代表はなぜUAEで南米の強豪ブラジル代表と親善試合をすることになったのか? 金明昱11/19(火) 16:16
  8. 8
    「プレミア12」日韓戦でもお目見えした“旭日旗”問題…韓国メディア「憂慮していた事態が起こった」 金明昱11/17(日) 15:02
  9. 9
    森保ジャパンはベネズエラ代表と対戦。相手は”南米最弱”ではない 小宮良之11/19(火) 11:30
  10. 10
    オグリキャップとホーリックスが競り合ったジャパンC。当時のジョッキーに話を伺い、感じた事とは…… 平松さとし11/19(火) 6:30