全米プロ2日目、ブルックス・ケプカ独走、タイガー・ウッズ予選落ちは「バトンタッチ」を意味している?

ケプカはウッズに憧れ、育った世代の筆頭だ。ウッズに取って代わる王者になれるのか?(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 29歳のブルックス・ケプカと43歳のタイガー・ウッズ。全米プロの予選2日間を同組で回った2人の対比は、初日のスタートホールから歴然だった。ティショットをラフに入れたウッズがいきなり乱れてダブルボギー発進したのに対し、ケプカは悠然とバーディー発進。

ウッズのゴルフはドライバーもアイアンもウエッジもパターも、すべて「いいところ無し」で終始し、2オーバー、51位タイと出遅れたのに対し、ケプカのゴルフは「非の打ちどころ無し」でべスページのコースレコードとなる7アンダー、63をマークし、単独首位。初日から2人には9打の差が開いた。

 その流れは2日目も変わらず、ケプカは5アンダー、65で回り、通算12アンダーで単独首位をキープ。だが、ウッズのゴルフは一層悪化し、3オーバー、73、通算5オーバー。カットラインに1打及ばず、予選落ちとなった。

 2日目のウッズは、フェアウエイを捉えたのが、14ホール中、わずか3回。「ここで勝つためにはドライビングがカギになる」と言った開幕前の自身の言葉からは日に日にかけ離れていき、ショートゲームも最初から最後まで冴えずじまいだった。

 予選通過がかかった36ホール目。決勝進出のためにはバーディー獲得がMUSTだった。ようやくフェアウエイを捉え、チャンスありだとファンは固唾を飲んで見守った。しかし、フェアウエイのグッドライからのわずか113ヤードのウエッジショットでグリーンを捉えることができず、第3打のチップインは実現されずはずもなく、1打差で予選落ちとなった。

「残念だ。あまりにもミスが多すぎた。求められる小さな1つ1つが、できなかった」

 辛うじて交えたウッズの笑顔が、逆に悲壮感を醸し出していた。そして、黄金時代のウッズなら絶対に口にしなかったような胸の中の正直な思いを、素直にそのまま口にしたウッズの姿に、少しだけ淋しさも漂っていた。

「再びマスターズチャンピオンになれたことを喜んでいたが、この全米プロで、あっという間に反転してしまった。うまくプレーできなかった。残念だ」

【ウッズへの声援を自分の糧に!?】

 そんなウッズの一打一打、一挙一動をつぶさに見ていたのが、ケプカだった。

 振り返れば、昨年の全米プロではウッズとケプカが勝利を競い合い、勝利したのはケプカで、ウッズは2位だった。

 

 あのときケプカは、ウッズファンの熱い声援を聞きながら、自身が初めて全英オープン観戦に行って地響きがするようなウッズコールを体で味わった幼少時代に想いを馳せたと言っていた。

「タイガーのように大勢から熱く応援してもらえる選手になりたいと思った。それが僕のモチベーションになった」

 

 そう、あのときケプカ少年は、ウッズファンのパワーとエネルギーを採り入れ、自身の糧にした。

 そして今週の全米プロでは、ケプカが首位を独走しているとはいえ、予選2日間、ケプカの周囲に付いて歩いていたギャラリーの大群の大半は、ケプカではなくウッズ見たさで詰め寄せた人々だった。

「タイガーのファンがもたらすエナジーを楽しんだよ。とりわけ、自分がいいプレーができているときは、一層楽しめる」

 人々がウッズに送る声援をウッズとともに回っていたケプカが楽しみ、ウッズファンがもたらすエネルギーをケプカが自身の力へ変えていく。それは、ケプカが幼少時代も今も無意識に行なっているパワーアップの秘策と言えるだろう。

 

 その昔、ウッズの黄金時代に居合わせた他選手たちは、ウッズと優勝争いになった際、ウッズファンの声援に集中力をそがれたり、邪魔に感じたりすることしばしばだったが、ウッズファンがもたらすエネルギーを楽しんで糧にしたという話は聞いたことが無かった。

 それができること、そうすることでウッズを上回り、勝つことさえできるのは、時代の違いと言うべきか、世代の違いと呼ぶべきか。「隔世の感」と言っても過言ではない。

【メジャー、あと12勝?】

 ウッズに憧れ、ウッズに感化され、そうやってプロになった世代が、今、世界のゴルフ界の牽引役になりつつある。ケプカは、その筆頭だ。2017年と2018年の2年間、合計8つのメジャー大会で3勝を挙げた彼のメジャー勝率37.5%は恐るべき数字だ。

 米メディアは、あえて2017年のマスターズをカウントに入れず、同年の全米オープンから昨年の全米プロまでの「過去7つのメジャー」でケプカは「3勝している」という表現を用いている。これだとケプカのメジャー勝率は42.8%ということになる。

 同様にウッズの絶頂期のある一時期を切り取れば、その勝率はさらに高かったことになるのだが、いずれにしても、今、ケプカがかつての「無敵のウッズ」に近づきつつあることは事実。

 米メディアは早くも「王者交代?」「バトンタッチ?」なんて質問をストレートにケプカに投げかけている。問われたケプカも、まんざらではない表情で、即座にこう返答していた。

「あと11勝、いや12勝は必要だ」

 すでにメジャー3勝。あと12勝したらメジャー15勝となり、4月のマスターズを制したばかりのウッズのそれと並ぶ。

 残念ながら、ケプカの「エネルギー源」となりうるウッズは今週はもう姿を消してしまったが、すでにウッズファンが持ってきたエネルギーを存分に採り入れて備蓄したケプカが、メジャー4勝目を挙げる可能性は、どんどん高まりつつある――。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    ありがとうラグビー日本代表。南アフリカに敗れて史上初ベスト8で大会終える 多羅正崇10/20(日) 21:18
  2. 2
    サヨナラ、124キャップのベスト主将ーアイルランド、NZに完敗 松瀬学10/20(日) 8:24
  3. 3
    浜口HCが口説き落とした新加入の松井啓十郎が新天地京都でキャリア一番の輝きを見せる理由 菊地慶剛10/20(日) 13:02
  4. 4
    韓国でラグビーW杯日本代表・具智元の活躍はなぜ報じられないのか。韓国記者が語った衝撃の理由 金明昱10/13(日) 8:27
  5. 5
    新人王争う西武・松本航とソフトバンク・甲斐野央。ともにプレーした中学時代を恩師が語る 高木遊10/19(土) 17:49
  6. 6
    『長谷部誠に蘇った自信。レヴァークーゼン戦快勝の夜』Im Frankfurt-第4回 島崎英純10/20(日) 7:00
  7. 7
    久保建英がタジキスタン戦ラスト6分で魅せた別次元の輝きとレアル・マドリー戦の関係性 杉山茂樹10/19(土) 14:59
  8. 8
    【男女新体操】川東拓斗、悲願の全国制覇! 喜田純鈴は、全日本連覇を達成!~第72回全日本新体操選手権 椎名桂子10/20(日) 7:46
  9. 9
    決勝トライで注目の稲垣啓太、世紀の一戦へ展望語る。【ラグビー旬な一問一答】 向風見也10/19(土) 18:12
  10. 10
    マルケスが”ヒジ擦り”する理由はフロントの滑りを探るためだった! 佐川健太郎10/19(土) 8:07