日本人選手の国際化と心臓強化につながる!? 

米ツアーのスター選手たちと米国のスターたちが勢揃い。さて、日本人は?(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

今週の米ツアーはAT&Tペブルビーチ・プロアマ。米ゴルフ界のスター選手と米国社会のスターたちに注目が集まっているが、ほぼ例年通り、そこに日本人選手の姿はない。昔から、と言っても、、、、

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2019年2月サンプル記事

舩越園子

価格

540(記事9本)

2019年2月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    イ・ボミや申ジエの影響!? 韓国ツアーの“美しき実力者”ペ・ソンウが日本に来たワケ 慎武宏7/23(火) 7:30
  2. 2
    問題児ネリが元王者パヤノを一撃でKO 気になる今後のバンタム級戦線 木村悠7/23(火) 6:00
  3. 3
    全英オープン覇者は「パートタイム・ゴルファー」。不思議な珍事の背景 舩越園子7/23(火) 8:00
  4. 4
    名球会から独立リーグ監督になった駒田徳広 監督退任の真相と高知に遺すもの 阿佐智7/23(火) 7:30
  5. 5
    20年前の決着。夏のインターハイ決勝の再戦 柴村直弥7/23(火) 7:00
  6. 6
    中谷正義(井岡)が話題のプロスペクト、テオフィモ・ロペス(米国)とほぼ互角の戦いも、惜しくも判定負け 杉浦大介7/23(火) 12:29
  7. 7
    史上4番目の若さで50本塁打に到達。3番目に若いのは東北楽天でもプレーしたあの選手 宇根夏樹7/23(火) 7:59
  8. 8
    岡田ジャパンと同じ轍を踏むな。W杯アジア2次予選は五輪チーム中心で 杉山茂樹7/23(火) 10:00
  9. 9
    鈴鹿8耐の基礎講座(4)〜鈴鹿8耐、42回目の伝統。8耐にはいくつかの定番がある。 辻野ヒロシ7/23(火) 17:53
  10. 10
    シーズン200奪三振に一番乗りのゲリット・コール 1900年以降史上2番目のスピード達成 菊地慶剛7/23(火) 15:36