また1つ、伝統ある大会が存続の危機に陥ったのは、なぜなのか?

国民的スター、ミケルソンが大会大使であるにもかかわらず、今季はノースポンサーだ(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

また1つ、米ツアーの伝統的な大会が存続の危機に瀕している。そんな話を耳にすると、とても淋しい気持ちになる。昔はトッププレーヤーに好まれた大会ほど昨今は敬遠されるのは、なぜなんだろう。

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2018年11月サンプル記事

舩越園子

価格

540(記事9本)

2018年11月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    武豊がフランス版オークス・ディアヌ賞に騎乗する事になった驚きの経緯とは 平松さとし5/23(木) 6:30
  2. 2
    メキシコの名将もベタ褒め。「井上尚弥に勝てるのは唯一、井上自身だ」 三浦勝夫5/23(木) 9:25
  3. 3
    9連敗の底なし沼。神戸がはまった要因は? イニエスタの言葉にヒント 清水英斗5/23(木) 15:01
  4. 4
    テック21の復刻カラーで5連覇を目指すヤマハ。令和の新時代にあえて原点に戻るのは何故か? 辻野ヒロシ5/23(木) 7:36
  5. 5
    日本ダービーで人気集中のサートゥルナーリア、その凄さはジンクスを超えられるか 花岡貴子5/23(木) 13:56
  6. 6
    大金星は?元ホークス城所氏らがJ1鳥栖とPK戦でガチンコ対決! 田尻耕太郎5/23(木) 7:00
  7. 7
    新記録はまず間違いなし!? このチームは1試合2本以上のホームランを……打たれている 宇根夏樹5/23(木) 13:00
  8. 8
    今シーズン最初の監督解任がもうすぐ起きる!? 代わって指揮を執るのは… 宇根夏樹5/23(木) 9:24
  9. 9
    井上尚弥が世界最強ランキング4位!日本初の未到の領域へ 木村悠5/22(水) 14:58
  10. 10
    早稲田大学→慶應義塾大学。三井大祐コーチの葛藤と挑戦とは。【ラグビー旬な一問一答】 向風見也5/23(木) 11:30