世界1位のジャスティン・ローズがテーラーメイドから本間ゴルフへ移籍!?

五輪金メダリスト、世界一、年間王者のローズの移籍はビッグニュースとして報じられた(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 世界ランキング1位のジャスティン・ローズが「古巣」のテーラーメイドを離れ、本間ゴルフと新たな用具契約を結ぶというニュースが米ゴルフ界に伝わり、関係者が驚きの声を上げている。

 ローズの移籍については、先週の欧州ツアー大会、トルコ航空オープンでローズが優勝し、世界ナンバー1に返り咲いた際も、その真偽のほどが取り沙汰されていたが、ローズ自身は「火のない所に煙は立たない」とだけ答えていた。

 現段階ではテーラーメイド、本間ゴルフ、ローズのいずれからも正式発表はされていないが、「ザ・サン」など複数の英国紙がビッグニュースとして報じたことを受け、米メディアも7日(現地時間)に報じた。

 ローズとテーラーメイドは、これまで20年超の長い付き合いだが、なぜ、ここへ来て、その関係が途絶えることになるのか。欧米メディアは2つの理由を挙げている。

 1つは、テーラーメイドの元CEOをはじめとする上層部数人がすでに同社から本間ゴルフへ移り、今後、北米地区のビジネス強化に取り組む方針を掲げていること。その旗印として、ローズに白羽の矢が立ったのではないかと見られている。

 もう1つは、ローズがリオ五輪で金メダリストとなり、米ツアーの年間王者、そして世界ナンバー1の王者になったことで、プロゴルファーとしての価値があまりにも高まり、テーラーメイドがそのバリューに見合う契約金をもはやオファーできないのではないかと見られている。

 テーラーメイドにはタイガー・ウッズを筆頭にダスティン・ジョンソン、ローリー・マキロイ、ブルックス・ケプカなどの大物選手がスタッフプレーヤーとして名を連ねており、どんどん価値が高まりつつあるローズを、残念ながらテーラーメイドがもてあます格好になってしまったのではないかというのが欧米メディアの分析だ。

 成功を収めすぎてテーラーメイドから契約解除されるのだとしたら、ローズにとっては皮肉の話とも思えるが、成功を収めたからこそ本間ゴルフから新たなビッグオファーを得ているのだとすれば、それこそがローズにとっても本間ゴルフにとっても、うれしい契約成立ということになる。

 本間ゴルフは元々はパーシモン時代にゴルフ界にその名を馳せた日本の老舗メーカーだが、2010年に中国系のマーライオンホールディングスの傘下に入り、2016年に香港市場に上場。米国では、2016年11月に大統領選で勝利した直後の「トランプ大統領(当時は次期大統領)に日本のプライムミニスター(安倍首相)がプレゼントした50万円の最高級ドライバーはホンマ」として広く知られた経緯がある。

 だが、プロゴルファーの用具契約において一番大事なのは、お金や知名度より、パフォーマンス性と相性である。選手が自分自身に最も適した用具を手に入れ、パフォーマンスを最大化できるかどうか。その意味で、これがローズにとって「いい話」であってほしい。

東京都出身。早稲田大学政経学部経済学科卒業。百貨店勤務、広告代理店勤務後、89年に独立。93年にゴルフジャーナリストとして渡米以降、米国に常駐。米ツアー選手や関係者たちと直に接しながら築いた信頼関係、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの面白さ、厳しさなどを独特の表現でときに優しく、ときに厳しく発信し続けている。選手のヒューマンな一面を描き出しては綴る“舩越節”、”園子節”には根強いファンが多い。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額540円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

<クリエイター×動画>で、あなたの明日にワクワクを

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    稀勢の里の「潔さゼロ」の引退が物語るもの 十枝慶二1/17(木) 0:49
  2. 2
    平成のタイトル・ホルダーズ。首位打者、本塁打王、打点王をすべて獲得したのは、三冠王の松中信彦と… 宇根夏樹1/18(金) 5:00
  3. 3
    縮小するスキー産業 4度の五輪代表・佐々木明が語る本当の魅力とジュニア育成の課題 後藤陽一1/17(木) 10:00
  4. 4
    「目標は王座統一。まずは高橋竜平を倒す」 IBF世界Sバンタム級王者TJ・ドヘニー(アイルランド) 杉浦大介1/18(金) 9:44
  5. 5
    危機をしのぎ「博打のような読み合い」制した錦織圭。勝機を引き寄せた、新ルールへの“解釈力” 内田暁1/18(金) 21:01
  6. 6
    40歳のマニー・パッキャオはエイドリアン・ブローナー戦で何を見せるか? 林壮一1/18(金) 0:01
  7. 7
    ボヌッチは1年、イグアイン半年…ミラン、ピオンテクは真の「救世主」になれるのか? 中村大晃1/18(金) 18:05
  8. 8
    AチームとBチームの差を埋められるかは、森保監督次第 【ウズベキスタン戦出場選手採点&寸評】 中山淳1/18(金) 20:30
  9. 9
    昔の名前で出ています。名前を元に戻しても、メジャーリーグ復帰は? 宇根夏樹1/18(金) 15:26
  10. 10
    ホンダが国内2輪レースも体制発表。とはいえ、夏の鈴鹿8耐のラインナップはいまだ未知数。 辻野ヒロシ1/18(金) 17:04