米ツアーの新日程発表。全米プロは5月へ。プレーオフは3試合へ。

米ツアーの旗印、プレーヤーズ選手権は5月から3月へ変更される(写真/舩越園子)

 米ツアーの来季(2018-19シーズン)スケジュールが早くも発表され、大幅な変更点をいくつか含んでいるため、大きな注目を集めている。

【メジャー4大会の開催順序と時期】

 最も目を引くのは、メジャー4大会の開催の順序と時期が変わること。

 今季までは、マスターズが4月、全米オープンが6月、全英オープンが7月、全米プロが8月に開催され、「第5のメジャー」と謡われるプレーヤーズ選手権は、マスターズと全米オープンの間の5月が開催時期とされてきた。

 だが、来季からは、まず3月にプレーヤーズ選手権が行なわれ、マスターズが4月、そして全米プロが5月に動き、全米オープンが6月、全英オープンが7月という具合にメジャー4大会が4月から7月まで毎月開催される。

 また、マスターズ以外のメジャー開催コースは全米プロがニューヨーク州のべスページ(同大会は初開催)、全米オープンは創立100周年を迎えるペブルビーチ(カリフォルニア州)になる。全英オープンはロイヤル・ポートラッシュで、北アイルランドでの開催はほぼ70年ぶりとなる。

【世界選手権】

 WGC(世界選手権)は、HSBCチャンピオンズ、メキシコ選手権、デル・マッチプレー選手権に関しては従来通りの開催となる。

 変更になるのは、今季まで8月にファイアストン(オハイオ州アクロン)で開催されるブリヂストン招待が、来季からはフェデックス・セント・ジュード招待の大会名に変わること。開催時期はメジャー4大会がすべて終了した後の7月下旬。タイトルスポンサーであるフェデックス社の本拠地、テネシー州メンフィスのTPCサウスウインドが新しい戦いの舞台になる。

【プレーオフ・シリーズが3試合へ】

 レギュラーシーズン終了後、今季まではフェデックスカップのプレーオフ・シリーズ4試合が8月から9月に渡って行なわれるが、来季からは3試合(ノーザントラスト、BMW選手権、ツアー選手権)に減り、8月末まででシーズンの全日程が終了する。

 これまではシーズンとシーズンの間がほとんどない過密スケジュールで、新シーズンを迎えたという感覚が選手にもファンにもあまり感じられなかった。が、来季からはツアーとしてのスケジュールは9月がオフになるため、リフレッシュや気持ちの切り替えができ、メリハリも出る。

【新大会は2つ。惜しまない努力と工夫】

 来季から新しい大会が2つ誕生する。6月に開催されるロケット・モルゲージ・クラシック(デトロイト・ゴルフクラブ)は、史上初めてミシガン州デトロイトで開かれる米ツアー大会となる。

 その翌週(7月第1週)の3Mオープンはミネソタ州ブレインのTPCツイン・シティズが舞台になる。

 新シーズンのスケジュールは、できる限り、試合開催を凝縮し、短期決戦型に変えることが目的である。

 ビッグ大会、メジャー大会の開催時期も同様に短期集中型へ変えることで、ファンの興味関心も集中させることができると考えられている。

 さらに、短期に凝縮させれば、選手や関係者、メディアなどの移動や滞在、あるいは試合開催のための必要経費も大幅に節減できる。

 賞金を含め、多くの面で右肩上がりの成長を続けている米ツアーだが、それでもあらゆる努力と工夫を惜しまない。新スケジュールは、そんな米ツアーの姿勢の表れの1つと言えそうである。

東京都出身。早稲田大学政経学部経済学科卒業。百貨店勤務、広告代理店勤務後、89年に独立。93年にゴルフジャーナリストとして渡米以降、米国に常駐。米ツアー選手や関係者たちと直に接しながら築いた信頼関係、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの面白さ、厳しさなどを独特の表現でときに優しく、ときに厳しく発信し続けている。選手のヒューマンな一面を描き出しては綴る“舩越節”、”園子節”には根強いファンが多い。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額540円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える

  1. 1
    ソラーリ政権でレアル・マドリーに訪れた変化。ペレスの「掘り出し物」は戴冠を果たせるか。 森田泰史11/14(水) 6:12
  2. 2
    もと阪神・玉置隆投手、32歳の決意。「さらに先のゴールを目指して」 岡本育子11/14(水) 9:00
  3. 3
    こんなに悪いプレーの錦織圭は見たことがない! 何が起こったのか?(テニス最終戦・ATPファイナルズ) 神仁司11/14(水) 6:00
  4. 4
    常に愛情を持った「サッカー少年」 偉大なるGKの歩みと変化 杉山孝11/13(火) 20:14
  5. 5
    新人王大谷翔平、波乱万丈も全てが意義ある初年度だった 豊浦彰太郎11/13(火) 19:00
  6. 6
    「自分なりに真摯に投票した」 新人王でたった1人だけ大谷翔平に投票しなかった記者から届いた説明 菊地慶剛11/13(火) 12:10
  7. 7
    【12球団トライアウト】前ホークス城所龍磨は2安打1盗塁「まだ野球をやりたい」 田尻耕太郎11/13(火) 15:04
  8. 8
    ATPツアーファイナルズ:錦織が初戦でフェデラーに勝利 その背後にあるのは勝負に徹する戦略だった!? 内田暁11/13(火) 6:55
  9. 9
    戦力外から裏方、そして再びプロ野球選手へ―150キロ左腕・古村徹(元DeNA)の復活と進化【後編】 土井麻由実11/12(月) 11:30
  10. 10
    唯我独尊のシューターへ 28歳ながらも覚醒を感じさせる狩野祐介が秘める爆発力 菊地慶剛11/13(火) 18:49