動いているボールを打ち返したフィル・ミケルソンが謝罪

問題の13番で最終日に大袈裟なポーズを取ったミケルソンに観衆は冷ややかだった(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 全米オープン3日目にシネコックヒルズの13番グリーン上で動いているボールをパターで打ち返し、「2罰打を受けるルールを活用した」と主張して物議を醸していたフィル・ミケルソンが「もっと早く謝るべきだった」「恥ずかしく、残念な行為だった」「ごめんなさい」という謝罪の言葉を一部の米メディアに送った。

 コトの次第をざっと振り返ってみよう。大会3日目の16日、土曜日はUSGA(全米ゴルフ協会)の予測を上回る日照りと強風の影響でシネコックヒルズのコース全体が干上がり、とりわけグリーンはコンクリートのように固くなり、下り傾斜になるとボールがどこまでも転がってしまうほど状態が悪化していた。

 「もはやプレー不能」と批判の声が上がっていた状況下、ミケルソンは13番のグリーン周りで右往左往した末、5打目に当たるファーストパットがグリーン外へ転がり出そうな勢いで転がり始めると、ボールを追いかけ、手にしていたパターで打ち返した。

 動いているボールを打った場合は2罰打が科せられる。が、動いているボールを意図的に打つ行為はゴルフにおいてご法度である。重大なルール違反行為に及んだ場合は失格になるという条項もルールブックには記載されている。

 なぜ、動いているボールを打ったのか。ミケルソンは、グリーン上やグリーン周りでさらに右往左往するより、「あえて2罰打を受けた」と語り、ルールの活用を主張。

 USGAのルール委員会もミケルソンの主張を認め、「2罰打のみ」を適用。そして「単にボールを打ち返しただけで重大な違反行為ではないので失格には当たらない」という裁定を下した。

 しかし、他選手や関係者、ファン、メディアからは批判の声が上がり、米メディアも「失格にすべきだったのでは?」「ミケルソンは自ら最終日を棄権すべきではないか?」と厳しいトーンで報じた。

 だが、ミケルソンは最終日もシネコックヒルズにやってきて、リッキー・ファウラーと同組でプレー。69で回り、48位タイで4日間を終えたが、待ち構えていた大勢のメディアを振り切り、取材を拒否して去っていった。

 その間、ミケルソンの妻エイミーは「フィルは3日目のラウンド後、(宿に戻ってから)批判の嵐が起こっていることを初めて知り、すぐにUSGAに電話をかけて、棄権すべきかと尋ねました。でもUSGAはルールの範囲内だから棄権する必要はないと答え、それでフィルは最終日もプレーしたんです」と一部のメディアに明かした。

 そして、問題の一件から4日後の20日早朝、ミケルソン自身が数人のメディアに謝罪の言葉を送った。

「もっと早くこうして謝罪すべきだったことは承知しています。でも、冷静になるまでに数日間が必要でした。あの週末は僕の怒りとフラストレーションが頂点に達してしまいました。恥ずかしく、残念な行為でした。胸を張れる瞬間ではなかったことは明らか。ごめんなさい」

 アメリカの国民的スター、ファンサービスを誰よりも熱心に行なう偶像的存在。そんなミケルソンが、優勝を悲願に掲げる全米オープンという場で、こともあろうに動いているボールをあえて打つという行為に及んだことは、誰にとっても驚きだった。

 だが、自分でも信じられないようなあやまちをおかしてしまうことは、きっと誰にもあるだろう。もちろん、今回の一件はミケルソンのどんなエクスキューズも聞き入れられないことは言うまでもない。しかし、一度だけのあやまちは、彼がこうして真摯に謝罪したのだから、許されてもいいのではないか。

 私は、今、そう思っている。

東京都出身。早稲田大学政経学部経済学科卒業。百貨店勤務、広告代理店勤務後、89年に独立。93年にゴルフジャーナリストとして渡米以降、米国に常駐。米ツアー選手や関係者たちと直に接しながら築いた信頼関係、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの面白さ、厳しさなどを独特の表現でときに優しく、ときに厳しく発信し続けている。選手のヒューマンな一面を描き出しては綴る“舩越節”、”園子節”には根強いファンが多い。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額540円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える