タイガー・ウッズの悲痛な叫び。「もう1度、プロのゴルフがしたい」「人生を取り戻したい」

41歳、2児の父。4度目の腰の手術を受けリハビリ中。ウッズは今、何を想うのか?(写真:ロイター/アフロ)

今年4月に4度目の腰の手術を受け、今季の試合出場すべてを取りやめてリハビリ生活を送っているタイガー・ウッズが、現在の胸中を赤裸々に明かした。

自身のウエブサイト上のブログにはウッズの複雑な想いが綴られていた。

「ゴルフができないのは本当に残念だ。メジャー大会を休むのは嫌だ。とりわけマスターズを欠場するのは嫌だった。しかし、戦うことができない。それが現実だった。優勝したセルジオ(ガルシア)に、もう一度、おめでとうを言いたい」

今季最初のメジャー、マスターズの欠場を余儀なくされたことで、長年の迷いに踏ん切りがついたようだ。「これまでに受けた手術以外の治療法は、何一つうまくいかず、いつも痛みがあった」と振り返ったウッズは、マスターズ後に「フュージョン」と呼ばれる手法の手術を受けた。

その手術から1か月以上が経過した現在、ウッズの生活はリハビリが中心だという。

「歩いたり、軽いエクササイズをしたり、子供たちの学校の送り迎えをしたり。できることをやり、ドクターに言われたことをやり、日々少しずつ前進している。焦ってはいけない」

毎年5月には「タイガー・ジャム」と呼ばれる大規模なチャリティコンサートをラスベガスで開催し、ウッズ自身も参加して大いに盛り上がる。だが、今年のラスベガスにウッズの姿はなく、彼は静かにフロリダの自宅でリハビリに専念している。

今、ウッズの胸の中には、2つの強い想いがあるという。

「もう1度、プロフェッショナルなゴルフがしたい」

もはや、ジャック・ニクラスのメジャー18勝の記録に「追いつき、追い抜きたい」とは言わず、米ツアーやメジャー大会という一流の舞台に立って「もう1度、プロフェッショナルなゴルフがしたい」。そこにウッズの悲痛な願いがある。

同時にウッズは、こうも言っている。

「フュージョン手術を受けたデービス・ラブやレティーフ・グーセン、リー・トレビノといった選手たちは、みな戦いの場へカムバックできた。でも、それより何より一番大事なのは、手術によって彼らの人生がベターになったことだ。それが一番大事。僕も子供たちと一緒に人生を取り戻せる」

そこには、痛みのない生活、家族とともに暮らす当たり前の幸せを得られることへのウッズの安堵が感じられる。

アスリートとしての想いとともに、父親として、一人の人間としての想いも交錯する複雑な胸の内を明かしたウッズは、姿は見えずとも世界中のファンや若き選手たちの希望であり続ける。

東京都出身。早稲田大学政経学部経済学科卒業。百貨店勤務、広告代理店勤務後、89年に独立。93年にゴルフジャーナリストとして渡米以降、米国に常駐。米ツアー選手や関係者たちと直に接しながら築いた信頼関係、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの面白さ、厳しさなどを独特の表現でときに優しく、ときに厳しく発信し続けている。選手のヒューマンな一面を描き出しては綴る“舩越節”、”園子節”には根強いファンが多い。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額540円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える