タイガー・ウッズの今後に暗雲。やっぱり、あれが失敗だった?

トーリーパインズでは元気だったウッズ。異変はそのあと起こった(写真/舩越園子)

タイガー・ウッズの今後に暗雲が立ち込めている。今週のジェネシスオープンに出場はしないものの、リビエラCCに来場して会見に臨む予定だったウッズ。が、その会見は延期され、今は来場が叶うかもわからない。

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2017年2月サンプル記事

舩越園子

価格

550(記事8本)

2017年2月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    バンタム級最強を目指すWBO2位マロニーに直撃「井上尚弥に勝てると信じています」杉浦大介7/1(水) 9:01
  2. 2
    [高校野球]名将にも、駆け出しの時代があった/龍谷大平安・原田英彦監督の場合楊順行7/1(水) 0:01
  3. 3
    ウィーラーは「ヤンキースと読売」でプレーした何人目? トマソン、ガリクソン、松井秀喜、マギー…宇根夏樹7/1(水) 15:33
  4. 4
    「王貞治二世」がプロバスケの経営者に 積極投資でB1昇格を目指す群馬大島和人7/1(水) 16:27
  5. 5
    【川上哲治と落合博満の超打撃論その1】「ボールが止まって見えた」の真実横尾弘一7/1(水) 12:00
  6. 6
    インザーギ弟とともに、インザーギ兄を超えたインモービレ…伝説を追う夢は続く中村大晃7/1(水) 18:02
  7. 7
    MLB2020年シーズンの注目点! 濡れた布の携行許可で投手の投球が変わる?菊地慶剛7/1(水) 12:40
  8. 8
    38歳の李大浩、延長11回に決勝2ラン 今季初の2発5打点<韓国KBOリーグ>室井昌也6/30(火) 23:27
  9. 9
    優勝を逃しても優勝リングはゲット◆42歳のランニング本塁打◆奪三振ゼロの完封…【7月1日のMLB】宇根夏樹7/1(水) 6:30
  10. 10
    シーズン最初のホームランが出ていない選手。前年30本塁打以上の14人のなかにも…宇根夏樹6/30(火) 13:04