2016年の松山英樹の忘れられない出来事、その2。

マスターズは悔しい結果になったが、あのときの悔しさがあったからこそ今がある(写真:USA TODAY Sports/アフロ)

4月のマスターズで優勝のチャンスに恵まれながらそのチャンスを活かせず7位に終わり、悔しさを語ったあのときの松山英樹の敗北の弁、そしてあのときの彼の抑揚のない口調が今だからこそ鮮烈に蘇ってくる。

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2016年12月サンプル記事

舩越園子

価格

550(記事8本)

2016年12月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    憎悪…恋人の兄と世界王座決定戦。ボクシング版ソープドラマに全米騒然 三浦勝夫10/23(水) 12:10
  2. 2
    野球から洋服の世界へ、そして不惑を越えた今「野球に戻る」 元阪神・山本幸正さん 岡本育子10/23(水) 12:00
  3. 3
    今オフのFAビッグ3が、ワールドシリーズに揃い踏み 宇根夏樹10/23(水) 5:00
  4. 4
    無敗のWBCミドル級王者、ジャモール・チャーロの防衛戦が12月7日に決定 林壮一10/23(水) 0:01
  5. 5
    日本でタイガー・ウッズを迎え入れ、スキンズマッチが開催されたことの意義 舩越園子10/22(火) 16:18
  6. 6
    抜けないなら体当たりも?喧嘩レース、WTCRは東コースの開催でカオスになる! 辻野ヒロシ10/23(水) 19:03
  7. 7
    2010年代はヤンキースの暗黒時代!? ワールドシリーズ進出なしの「ディケイド」は1910年代以来 宇根夏樹10/23(水) 0:01
  8. 8
    仕切りなおした中国プロ野球、第1回CNBLシリーズは強豪・北京タイガースが優勝 阿佐智10/23(水) 7:30
  9. 9
    2010年代の福岡ソフトバンクは、勝率、日本一、リーグ優勝に、日本シリーズ進出とCS進出も1位 宇根夏樹10/23(水) 22:18
  10. 10
    2年前のワールドシリーズから、アストロズは15人が入れ替わり。いなくなった選手はどこへ 宇根夏樹10/23(水) 12:33