2016年の松山英樹の忘れられない出来事、その1。

フェニックスオープンで米ツアー2勝目を挙げたとき、松山英樹は複雑な表情だった(写真:USA TODAY Sports/アフロ)

2016年があと数日で終わろうとしている今、松山英樹と接したこの1年を振り返ると、鮮明に蘇る彼の言動がいくつかある。その1つは、彼が米ツアー2勝目を挙げた2月のフェニックス・オープンのときのことだ。

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2016年12月サンプル記事

舩越園子

価格

550(記事8本)

2016年12月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    井上尚弥VSドネア 天才ボクサー須佐勝明の予想「序盤で決まる」その真意とは 木村悠10/15(火) 6:30
  2. 2
    【ソウル現地取材】韓国代表、W杯予選で平壌へ。韓国人にとって”北朝鮮に行く”とはどういうことなのか  吉崎エイジーニョ10/15(火) 6:39
  3. 3
    韓国でラグビーW杯日本代表・具智元の活躍はなぜ報じられないのか。韓国記者が語った衝撃の理由 金明昱10/13(日) 8:27
  4. 4
    巨人の桜井投手と野上投手を打ち、しかも完封勝利で首位タイに!《阪神ファーム》 岡本育子10/15(火) 11:55
  5. 5
    元阪神のあの人も、メッツの新監督候補に浮上 宇根夏樹10/15(火) 9:48
  6. 6
    大阪2強軸に激戦必至! 近畿大会組み合わせ決まる 森本栄浩10/15(火) 16:15
  7. 7
    日本代表戦は、まだ現地観戦可能!? 完売済のチケットが“これから出てくる”可能性あり 杉山孝10/14(月) 17:58
  8. 8
    30年前の10月14日、近鉄優勝! その1年前のドラマを覚えていますか?【2】 楊順行10/15(火) 0:01
  9. 9
    「小中学生には絶対に必要なもの」元巨人トレーニングコーチが語る球数制限【前編】 菊田康彦10/15(火) 8:00
  10. 10
    フェニックス・リーグ首位の巨人に完封勝ちで4連勝!《阪神ファーム》 岡本育子10/14(月) 19:40