松山棄権!石川も?日本人2名同時棄権の誤報が流れたワケ

米ツアーのコンピューターは「松山WD」。が、ツイッターは「石川WD」だった

米ツアーのホンダ・クラシック2日目のスタート前に松山英樹が左手首痛のため棄権した。

松山は前日のラウンド中から左手首に痛みを感じている様子で、ショット直後にクラブから手を離す場面が何度も見られた。ホールアウト後、すぐさまアイシングで手首を冷やし、日本メディアから状態を尋ねられると「大丈夫でしょう」と答えていた。

2日目は午前11時55分のスタートに備え、コースにやってきて練習場で球を打った。松山自身は思い切り打っているつもりだったそうだが、その姿は弱々しく、結局、スタート前に棄権を決意。

「語ることはないです。(左手首の状態については)ご想像にお任せします。来週(WGCキャディラック選手権)もある。来週は予選落ちもないし、フェデックスカップのポイントも高いし。来週のためです」というコメントを残し、コースを去っていった。

その数分後。会場内のメディアセンターで、米メディアの数人から、不思議なことを尋ねられた。

「ジャパニーズは2人とも手首痛で棄権だなんて、とんでもない偶然だな」

「どちらも本当に手首を痛めたのか?」

「2人とも同じスタート時間で、同じ手首痛で、同時に棄権って、どうなってるんだ?」

そう尋ねられて、こちらが泡を食った。確かに、石川遼も同じ11時55分のスタート時間で、松山と逆側からプレーすることになっているが、石川も手首痛?石川も棄権?日本メディアも知らないそんなことを、なぜ米メディアが先に知っているのか???

大慌てで調べたら、すぐにコトの次第がわかった。

松山が棄権するという意志を松山のマネージャーから伝えられた米ツアーのルールオフィシャルが、松山と石川を間違え、すぐさま「石川棄権」とメディアオフィシャルに伝えた。それを聞いたメディアオフィシャルが米ツアーとしてのツイッター・アカウントから「リオ・イシカワが棄権」とツイートした。

そのツイートを見て、米メディアは石川が棄権したと勘違い。さらに、米ツアーがメディア用に完備しているショットリンクなるコンピューター画面には「ヒデキ・マツヤマ WD」とすでに表示されており、その2つから「日本人選手が2人とも棄権」という怪情報が流れてしまった。

もちろん、すぐに訂正し、米ツアーは誤ったツイートを即削除。そのころ、石川はすでに2日目のラウンドを始めており、いつしか誤情報は笑い話に変わっていったのだが、情報の早さは、誤情報を広めるのも早いという典型例だった。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    長友佑都と吉田麻也が「宙ぶらりん状態」 厳しさ増す森保ジャパン欧州組の今 元川悦子1/29(水) 9:00
  2. 2
    「『選手を続けるのはNPBだけなんです』と」大引啓次が語る引退の経緯、そして現役生活の思い出【前編】 菊田康彦1/29(水) 8:00
  3. 3
    武蔵・片山流「プロ野球選手のつくり方」―無名の高校生・松岡洸希(西武3位)がドラフト指名されるまで 土井麻由実1/29(水) 11:30
  4. 4
    ソフトバンク・バレンティン、五輪最終予選は不参加の意向。新天地でのシーズン優先へ 田尻耕太郎1/29(水) 16:38
  5. 5
    日本代表ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ、2020年からどうしますか?【ラグビー旬な一問一答】 向風見也1/29(水) 12:56
  6. 6
    元近鉄投手、エルビラさん死去 「陽気でメキシコでは英雄」と元同僚。韓国では防御率のタイトルを獲得 室井昌也1/29(水) 19:28
  7. 7
    村田諒太vsカネロはタイソンvsダグラスの再現か?動き出した空前絶後の大一番 三浦勝夫1/28(火) 8:38
  8. 8
    今や世界戦や国体競技に!ゲームを超え、新たなモータースポーツを目指す「グランツーリスモ」 辻野ヒロシ1/28(火) 17:00
  9. 9
    昨年のプロ野球で多かった「名字」は、石川、鈴木、田中、中村、吉田。2球団で勢揃いの一方、皆無の球団も 宇根夏樹1/29(水) 17:35
  10. 10
    【新体操】公開練習に見るフェアリージャパンPOLAの成熟 椎名桂子1/29(水) 11:56