安く安全に子どもを預けたい忙しいパパとママへ~ファミリーサポートセンター利用のすすめ~

子育てをしている際に、急な用事や仕事で誰かに助けてほしいと思ったことはないだろうか。

おじいちゃんやおばあちゃんにお願いすることが難しい場合も多いだろう。

お友達にお願いするのも難しい。

ベビーシッターや家政婦さんに来てもらうにもお金がかかるし、安全かどうか気になる。

大手業者のベビーシッター利用料金は、1時間あたり2,000円~4,000円程度必要だ。

高額であるため、お願いすることにとまどいがあるパパやママも多いだろう。

そんなときには、お住まいの地域にあるファミリーサポートセンターに問い合わせをしてほしい。

登録会員さん同士が助け合い、とても良いサービスを提供している。

しかし、内容はあまり知られていない。

ただし、ファミリーサポートを利用するためには、あらかじめ登録が必要なので、登録をしていただき、依頼をしてもらう必要がある。

では、ファミリーサポートセンターとは何か。

ファミリー・サポート・センター事業は、乳幼児や小学生等の児童を有する子育て中の労働者や主婦等を会員として、児童の預かりの援助を受けることを希望する者と当該援助を行うことを希望する者との相互援助活動に関する連絡、調整を行うものです。

出典:厚生労働省

援助してもらえる内容は以下の通りだ。

・保育施設までの送迎を行う。

・保育施設の開始前や終了後又は学校の放課後、子どもを預かる。

・保護者の病気や急用等の場合に子どもを預かる。

・冠婚葬祭や他の子どもの学校行事の際、子どもを預かる。

・買い物等外出の際、子どもを預かる。

・病児・病後児の預かり、早朝・夜間等の緊急預かり対応

例えば、さいたま市のファミリーサポートセンターでは、1時間あたり700円から子育ての支援をしてもらえる。

援助活動の報酬 月曜日から土曜日 7時から19時まで 1時間あたり700円 日曜日、祝休日、年末年始及び上記以外の時間 1時間あたり800円 会員間での支払いとなります。

出典:さいたま市

要するに、子育て中のパパやママ、子育て経験のある会員が子育てを助けてくれる。

支援をしてくれる会員さんは、研修を受けていて、登録制度もしっかりしており、安全性もある程度、担保されている。

そして、依頼する皆さんの子育てがひと段落したら、他の困っている会員さんを助けていただきたい。

お互いに助け、助けられながら、地域で子育てをしてみてはいかがだろうか。

詳細はお住まいのファミリーサポートセンターに問い合わせていただきたい。

内容は厚生労働省のリーフレットにも書かれている。時間があるときにお読みいただきたい。

まずは気軽にファミリーサポートセンターで登録するところから始めよう!!