滑落死から半年 栗城史多さん「エベレスト死」の真相

2018年最後のエベレスト遠征。ベースキャンプ到着直後の栗城さん。写真:たお

 2018年5月21日、エベレストで滑落死した栗城史多さん(享年35)。最後の登山の詳細は、これまで明らかになっていない。今回、同行したスタッフに話を聞き、最後の映像も入手した。そこには、必ず登って、生きて下山しようとする栗城さんの姿があった。まずは動画をご覧ください。

(2018年最後のエベレスト遠征)

エベレスト8度目の挑戦だった

 栗城さんは過去7度、エベレストの単独無酸素登頂を目指すも、天候悪化や体調不良からいずれも断念。凍傷により指9本を失った。8度目の挑戦のため、2018年4月18日からネパール入り。自身のフェイスブックには、「苦しみも困難も感じ、感謝しながら、登っています」と思いを記入していた。5月20日には7400mに到達したことを報告。ところが翌21日に事態は急転する。「体調が悪く、7400m地点から下山することになりました」と書き込んだあと、無線連絡が途絶えた。標高6400mの「キャンプ2」から出発した捜索隊が21日朝に遺体を発見、収容した。

最後の出発前、iPhoneでビデオメッセージを送る栗城さん。 写真:たお
最後の出発前、iPhoneでビデオメッセージを送る栗城さん。 写真:たお

高熱と咳に悩まされていた

 過去何度も無謀なチャレンジと言われ続けた栗城さん。今回も南西壁というエベレストでも最難関と言われるルートで登頂を目指した。しかし、ルートの難易度云々の前に、栗城さんは登山できる状態ではなかったのかもしれない。

 栗城さんはネパール到着から5日目、滞在ホテル(ペリチェ・4,243m)で39度の高熱を出し、寝込んだ。3日休養したのちベースキャンプ(5,364m)に到着するも、病状はなかなか回復せず、ヘリコプターで一旦下山し、近郊の病院へ。しかし、ちょっと静養しただけですぐにベースキャンプに戻ってきた。医者から咳止めの薬を処方された栗城氏は、スタッフの心配をよそに、翌日、エベレストへ向かった。キャンプ2(6,400m)にたどり着くも、体調はすぐれず翌日にはベースキャンプへ下山した。

キャンプ2にて南西壁の前に座る栗城さん 写真:たお
キャンプ2にて南西壁の前に座る栗城さん 写真:たお

エベレスト最難関ルート

 5月18日、天候は晴れ。栗城さんはベースキャンプからキャンプ2(6,400m)へと向かう。そこで2泊し、20日午前6時ごろにキャンプ3へ向けて出発した。難関と言われる南西壁を登り始め、15時頃に7,400m辺りに到着。標高を少し下げてテントをはり、「翌朝1時に頂上へ向けて出発する」と無線連絡をした。しかし、20時30分ごろ「吐き気が止まらない。ちょっと異常な感じがして危ないかもしれない。今すぐキャンプ2に下ります」と無線で下山を伝える。23時ごろ「救助のため登ってくるシェルパのヘッドライトを目指す」と無線。この時点で栗城さんのヘッドライトは消えており、月明かりを頼りに下山をしていたと推定される。これを最後に、連絡が途絶え、翌朝シェルパが6,600m地点で栗城氏の遺体を発見した。下山中に滑落、全身を強打したことが死因である。

「栗城史多は、誰か?」と銘打たれた追悼ギャラリー 写真:たお 撮影:門谷JUMBO優
「栗城史多は、誰か?」と銘打たれた追悼ギャラリー 写真:たお 撮影:門谷JUMBO優

栗城史多とは、誰?

 先月27日と28日、東京・永田町にて栗城氏の追悼ギャラリーが開催、約2000人が訪れた。生前の写真・映像、愛用していた登山ウエアや道具が展示されている中、来場者が一番時間をかけ見つめていたのは、整然と並んだ「50本の白い四角柱」だった。

栗城さんゆかりの人たちのメッセージが刻まれた柱を見つめる人々 写真:たお 撮影:門谷 JUMBO優
栗城さんゆかりの人たちのメッセージが刻まれた柱を見つめる人々 写真:たお 撮影:門谷 JUMBO優

 各柱の上には、栗城氏の家族や友人、関係者の率直な栗城像についての言葉が刻まれていた。これは、栗城事務所とイベント企画制作会社が実際に各人をインタビューして集めたものである。

ギャラリーに飾られたウェアなど 写真:たお 撮影:門谷JUMBO優
ギャラリーに飾られたウェアなど 写真:たお 撮影:門谷JUMBO優
長年同行したカメラマンの言葉 写真:著者 
長年同行したカメラマンの言葉 写真:著者 

誰が彼を追い込んだのか?

 彼を追い込んだのは誰だ?という指摘がある。「実力がない」「単独ではない」様々な批判があった。一方で「面白い!」「勇気をもらった」賞賛も受けていた。そんな中、ちょっと風変わりで目立ちたがり屋の登山家は、それらすべてを受け止め、自分で判断し、行動し、時にサポートも受けながら、世界最高峰の山に挑み続け、その山に眠った。奇しくも亡くなったその日は、今季最高のエベレスト登頂者数を記録した。

「なぜ南西壁に」先輩登山家花谷さんのメッセージ 写真:著者
「なぜ南西壁に」先輩登山家花谷さんのメッセージ 写真:著者
「彼は信じていたから」長年支え続けたマネージャーの言葉 写真:著者
「彼は信じていたから」長年支え続けたマネージャーの言葉 写真:著者

 栗城さんが亡くなってから半年。今も故郷の北海道今金町には多くの人が墓をお参りする。昨日は東京・初台で追悼オペラコンサートも行われている。彼は、「登山家」として「表現者」として「人間」としてどんな人だったのか?

 追悼ギャラリーの説明文にはこんな言葉が刻まれていた。

ー「栗城史多は、誰か。」その答えは、まだない。その答えは、もうない。ー

11月20日開催追悼オペラコンサートの様子 写真:たお
11月20日開催追悼オペラコンサートの様子 写真:たお

 今後も栗城史多氏の追悼イベントは開催される予定。詳細は栗城史多webhttp://www.kurikiyama.jpサイトにて。

栗城史多(くりきのぶかず)氏のプロフィール

1982年-2018年。北海道出身。大学山岳部に入部してから登山を始める。2004年に北米最高峰マッキンリーの単独登頂に成功したのを皮切りに、7大陸最高峰のうちエベレストを除く6つに登頂。世界最高峰のエベレストには、指を凍傷で9本失いながらも8度挑戦。2018年5月21日、エベレスト南西壁を下山中に滑落。帰らぬ人となった。享年35。

【この記事は、Yahoo!ニュース個人の動画企画支援記事です。オーサーが発案した企画について、取材費などを負担しているものです。この活動は個人の発信者をサポート・応援する目的で行っています。】