階級下げたKINGレイナ、判定負けでRIZIN復帰戦を飾れず

バックからチョークスリーパーを仕掛けられるKINGレイナ(C)RIZIN FF

 7月28日(日)、さいたまスーパーアリーナで開催された総合格闘技イベント『RIZIN(らいじん).17』で、第2試合に登場したKINGレイナ(22=FIGHTCLUB 428)が、ステファニー・エッガー(30=Buddy Gym/スイス)と63kg契約で対戦した。

総合デビュー以来最軽量の63kgでRIZIN復帰戦に臨んだKINGレイナだったが(C)RIZIN FF
総合デビュー以来最軽量の63kgでRIZIN復帰戦に臨んだKINGレイナだったが(C)RIZIN FF

 2016年にプロデビュー、翌年にはRIZIN参戦を果たしたレイナは、柔道仕込みの投げや関節技に加え、仏頂面の不敵な言動とにじみ出る愛嬌のギャップで一躍、RIZINの舞台を彩る女子ファイターに。昨年から階級変更に取り組み、8月大会ではそれまでの75.0kgから65.0kgまで落とし判定負けも、その後は2勝をあげた。今回は「中学1年以来」という63kgでの闘いを選択した。

 対するエッガーのバックボーンも5歳から始めた柔道。ヨーロッパ王者の肩書を手に2015年総合格闘家デビューし、ここまで4戦3勝1敗の戦績を残す。両者とも寝技だけでなく打撃にも自信を覗かせており、スタンド勝負でも好勝負が期待できる一戦だ。

初回、エッガーに抱え上げられテイクダウンを許したKINGレイナは「最後の水抜きでの減量がきつく、体が思うように動かなかった」(C)RIZIN FF
初回、エッガーに抱え上げられテイクダウンを許したKINGレイナは「最後の水抜きでの減量がきつく、体が思うように動かなかった」(C)RIZIN FF

 1ラウンド、リーチを活かしたローやミドルキックを放つエッガーに対し、蹴りに合わせて右のパンチを単発で返すレイナ。レイナの腰をクラッチしたエッガーは一気に抱え上げマットに叩きつけテイクダウンに成功する。バックから鉄槌を叩き込むエッガーに、レイナは防戦を余儀なくされる。

磨いてきたパンチが単発でヒットする場面もあったレイナだが、ダメージを与えるまでには至らなかった(C)RIZIN FF
磨いてきたパンチが単発でヒットする場面もあったレイナだが、ダメージを与えるまでには至らなかった(C)RIZIN FF

 2、3ラウンドとも序盤のスタンド勝負からエッガーが腰を抱えてテイクダウン、そしてバックからパウンド、チョーク狙いと確実にポイントを稼いだエッガーが判定3対0で勝利。レイナは最終ラウンド残り1分から捨て身のパンチで突進するも、形勢逆転はならなかった。

減量後のコンディション調整に苦しんだレイナだが、UFC61.2kgクラスの出場を目標に今後も計画的な減量に取り組みたいと語った(C)RIZIN FF
減量後のコンディション調整に苦しんだレイナだが、UFC61.2kgクラスの出場を目標に今後も計画的な減量に取り組みたいと語った(C)RIZIN FF

【関連記事】ハム・ソヒが戦慄のRIZIN デビュー、山本美憂に堂々挑戦状