史上初の“3冠”目指すMMA前田吉朗が『探偵!ナイトスクープ』に!?

50戦以上の戦績を誇る前田吉朗がコーチ役で登場(C)PANCRASE OSAKA

11月24日(金、23:17~)、朝日放送(ABCテレビ)で放送される『探偵!ナイトスクープ』に、総合格闘家の前田吉朗(36・パンクラス大阪稲垣組)が登場する。

前田は2003年のプロデビュー以来、主戦場のパンクラスを皮切りにPRIDE、DREAM、戦極、米国WECなどの大舞台で活躍。50戦以上のキャリアを誇る国内MMA軽量級ビッグネームのひとりだ。

『探偵!ナイトスクープ』は、約30年の長きに渡り愛され続ける関西発の人気バラエティ番組。視聴者からの依頼を、芸人扮する探偵局員が依頼人も巻き込み、爆笑必至の調査を展開する。

今回は大阪府の男性(29)からの、こんな依頼。

「先日、私の婚約者を紹介するため家族で食事会をしたのだが、そこで突然、父親が弟に『俺と戦え』と挑戦状を叩きつけた。しかし、26歳になる弟は3年前までプロのキックボクサー。過去にはK―1甲子園で全国ベスト16に入る成績を収めたこともある。

実は父と弟は7年ぐらい前から確執があり、絶縁状態だった。父は何か思うところがあり、挑戦状を叩きつけたのかも知れないが、その真意は分からない。父は昔、柔道をしており有段者だそうで、今もロードワークや筋トレなどトレーニングに励んでいるそうだが、何せ57歳の中年。26歳の元格闘家と戦うのは心配だ。そこで、父親をサポートして欲しい」

一見しただけでお父さんの安否が心配になりそうなものだが、そこに助け船を出すのが前田吉朗だ。お父さんの気持ちをくんだ前田はコーチ役を引き受け、厳しくも温かい指導をほどこしたそう。

前田といえば、KO必至、関節技による一本必至の激闘でつねにファンを沸かせる究極のオールラウンダー。限られた時間ながら、その手ほどきを受けたお父さんが元キックボクサーの息子にいかに挑むか? そして親子関係のゆくえは? おおいに気になるところだ。

前田の2018年初戦は1月28日(日)、東京・後楽園ホール。プロフェッショナル修斗公式戦のフライ級ワンマッチで、現・世界ストロー級王者、猿田洋祐(30・和術慧舟會HEARTS)と激突する。猿田はストロー&フライ級2階級制覇を、対する前田も修斗世界王座奪取を目指しており、双方にとって“絶対につまずけない一戦”だ。

初代フェザー級キング・オブ・パンクラシスト(2016年)、DEEPバンタム級王座(2012年)をすでに獲得している前田が同王座を獲得すれば、史上初の“国内老舗3団体のベルトを巻いた男”となる。

関西人パワーがさく裂する老舗番組で充電したであろう関西MMAの雄。2018年の前田吉朗の闘いにも、ぜひ注目してほしい。

【放送日】 

『探偵!ナイトスクープ』

朝日放送(ABCテレビ) 11月24日(金)23:17~

※東京MXテレビ 12月24日(日)17:00~

【パンクラス・オフィシャルサイト】

前田吉朗 プロフィール

〈その他の記事〉

◆何が起こる? 格闘技〈RIZIN〉と音楽〈PKCZ(R)〉が究極のコラボ

◆「正直面白くない」RENAの偉業に発奮する選手たち