SNSのmixiが何故廃れてしまった(ホントに廃れている?)かというのは、多くの人の思い入れが強い分、いろんな意見がある。

「ミクシィ」が奇跡の復活、東証1部に上場できた理由

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/4bae4de8452ed2532026a37f232ef54752e55059

こちらの記事のコメントにも、招待制のまま維持したらよかったんじゃないか?であったり、いろんな機能の模索が原因なのでは?などのコメントが投稿されている。

筆者の意見としては、PC時代に作られたSNSが、モバイルへの変遷の中でよりモバイルネイティブな最適なSNSが出てきて、そちらにお株を取られてしまったからという意見を持っている。

その要因の一つが、マイミクは原則的に友達とのつながりを前提に設計されていたところにあると考えている。マイミクの平均値は30人程度と言われているが、twitterで30アカウントのフォローを作るのは比較的簡単である。しかし、マイミクを30人増やすのはなかなか難しい。この差異があるのではないだろうか。

twitterが出てきた後に、類似のつぶやきを送信するmixiボイス機能がリリースされたが、そもそもソーシャルグラフに対する考え方が違うので、機能は存在していても、リアルタイムコミュニケーションにおける意味合いは全然違っているのかもしれない。

そう考えると、PC時代に大成功したSNSのmixiがモバイル時代になって輝きを失ったのは理由があるようにも思えるし、それ故に、モバイルネイティブでモンストというゲーム市場で大復活したのも大変素晴らしいし、コミュニケーションという軸を重視した今後の発展にも期待ができる理由にもなっている。

もちろん現状のミクシィ社に期待される売上規模を第二の矢、第三の矢でフォローしていくのはなかなか難易度の高い話だと思うが、それ故に期待をせざるを得ない。

なお、上記の動画で詳しい話をしているので、興味があったら見ていただけると幸いです。11分程度の短い動画ですが、倍速再生の方が聞きやすいので5分程度で終わります。