ほんとブラウザってよくできてますね。

ブラウザは世界中にある「不確実な情報」を閲覧するために非常によくできている。

うっかりミスをしても、パンツを脱いでる写真が世界にばら撒かれるわけでもなく、ネットバンキングのお金が勝手に吸い上げられるわけでもなく、いわゆる情弱のミスレベルと言われる程度の話で済むのがすばらしい。

アダルトサイト閲覧、突然「カシャ」…巧妙化する“ワンクリック詐欺”の手口:イザ!

ところが、先日の年金事務所のexeファイルをクリックしてPCが乗っ取られてしまった件もそうだが、ブラウザよりも先のアプリケーションのレイヤーまで行ってしまうとPCにせよスマートフォンにせよ、結構無防備になります。

メールやSNS、メッセンジャーなどを通じて、「アプリ」がインストールされると、ブラウザよりは遥かに、いろんなことができてしまう。

スマートフォンの方が、カメラやマイク、GPSを身につけて持ち歩いてるだけに、乗っ取られたりすると相当面倒くさいことになる。

情弱問題の大きな部分は、このブラウザ画面と、アプリの区別が非常に曖昧であること。使い勝手を考えれば、Webの部分と、アプリの部分はシームレスに使えるべきだと考えるのは当然のことですが、利用者が何ができて何ができないのかがわかっていないので、アプリをインストールすることにも無防備になってしまうというのが大きな部分です。

先の記事でも、ブラウザ経由でアクセスしているのに、あたかもアプリの挙動のように見せかけてお金をだまし取るという手口ですが、ブラウザが何ができて何ができないか、アプリをインストールするとどういうリスクがあるのか?を少しでも理解していて、そこにある情報の糸口を少しでも検索エンジンで探すなりができていれば、おそらく騙されないわけです。

何かに卓越した専門知識を持つことが大事なのではなく、そこにある何かに敏感に気がついて検索してみるというのが、今の時代の情報リテラシの基礎ですが、これが意外と難しいというのが最近の論調。

僕はあなたの検索エンジンじゃない。 - Togetterまとめ

こういう話が面倒くさいと思う人からは「コンピュータメーカーはセキュリティをちゃんとしろ!」という声もでてきそうですが、あなたが使っているのは、作り手がうまくバランスさせたから、沢山の人に普及してリーチしたんですよという話であって、セキュリティを重視し過ぎるとつまらなくなる、使い勝手とセキュリティについて、どこをギリギリのラインにするかという部分が、ソフトウエアのデザインには重要なことと考えます。

アプリについては、一時期、ジョークアプリで、普通の画面に思わせておいて、裏側ではカメラが起動していて、突如、変顔になってるような写真が出てくるようなアプリがでていましたが、あぁいうのを見るとジョークで済まない状況になった時が怖くて仕方ないとしか思いませんでした。

個人的に少しラインを超えているなと思っていたのが、Android。これまでAndroidのプライバシー情報の扱いが自己責任無双すぎて、沢山売れてる割に社会的に問題にならないので、ある日突然、情弱レイヤーの人が可哀想な目にあうんだろうなぁと思っていました。ちなみに記事で、情弱、情弱と書いてると、上から目線的に書いてると怒られることがあるのですが、Androidの操作に慣れていない自分も、Androidにおいては情弱です。

PCと比べて画面が小さいことから(あとGoogleさん特有の難しさもあり)、そこで何が起きているのか僕にはわからない上に、いろんなことができちゃうので、Androidをプライベートで使うのは避けていました。過去にもAndroidから取得できる行動履歴を集める会社が社会的に凶弾されたケースがありますが、それは顧客の民意も含めてビジネスフレームワークが国内に存在するからこそまかり通った話で、それより広い世界では仕組み自体を変えないことにはどうしようもありません。

新たに出るAndroid Mは、iPhone並にプライバシー情報に関わる情報にアクセスする際に、情報確認をし始めるとのこと。どうも、これのお陰で世にあるAndroidアプリの結構な数が修正を余儀なくされるんじゃないか説がありますが、そういうリスクがあるが故に、良い決断だと思います。

[速報]Google、次期「Android M」を披露。カメラや位置情報、コンタクトリストなどへのアクセス権限をアプリごとに管理、指紋認証対応、バッテリの持ちを最大2倍に。Google I/O 2015 - Publickey

押しちゃう人は押しちゃうんですけどね。

ただそこで踏みとどまれる人が増えることが大切。アプリインストール時のパーミッションではほぼ意味が無いので、UXに伴う操作フローの中にプライバシー、セキュリティに関する確認ができるのは大切なことです。Windows Vistaにせよ、SE Linuxにせよ、アレな歴史はいくらでもありますが、まぁそれはそれ。

先日のWWDCも進化がなくなったように見え、Appleを憂う声もでてきましたが、世界中に存在するスマートフォンがより安心、便利に使えることが、業界全体ではハッピーなことだと思います。新しい技術でエンジニアやビジネスマンをワクワクさせることも大切ですが、それだけじゃなくて、今まで作った製品をより伸ばすというフェーズもまたいいことだと思います。