バイラルメディアがクソか?はさておき、全文コピペメディアは死に絶えよ

Facebookのタイムラインに流れてきた、とある盲導犬の感動的な話。沢山シェアされていて、沢山コメントがついていて、あぁいい話だなぁと思ったら、文章終わりにサイト名らしき名前が書いてあった。

そこにはリンクはなかったので、文章をコピペしてGoogleで検索してみたら、なんとただの全文コピペサイトだった。しかも強調やレイアウトが省略されていて、微妙に劣化している。

でもシェアする人たちは、それが盗用コピペサイトであることはわからず感動している。

これが悪質なバイラルメディアと言われるWebサイトの一つの特徴である。

そういう状態を示して、バイラルメディアはクソだ、クソじゃないと、それなりの意見が白熱しているが、そもそも「バイラルメディア」の定義がよくわからない。

短期間にシェアされることを目的としているなら、大体どんなブログもそれは志向してる。多くのバイラルメディアなどと呼んでいる実態は、Wordpressなどを使ったブログメディアでしかないとも言える。まぁ強いて言うと、「短期的にシェアされることを目的とした記事量産の人員がいるサイト」というのが妥当なのかな。

「そういうサイト」の何が問題かというと、短期間にシェアされるコンテンツを量産する方法論として、

元文章のネタバレのレベルまで文章をコピーしてしまい、他人の記事のハイライト部分を横取りしてしまう

ということだと思う。そこにリンクが貼られてようが貼られていまいが、元ネタサイトのネタバレをやってしまったら、もうそれはコンテンツを横取りしたと考えるのが妥当だと思う。

「バイラルメディア」という名前では定義が不透明すぎるので、「そういうサイト」を、ここでは「全文コピペメディア」もしくは「いいところ横取りメディア」と呼ぶこととしよう。

いいところの横取りでもってPVを稼ぐサイトなら、クソと言われて妥当だと思う。

推理ドラマのネタバレをしたサイトが、元のWebサイトにリンクを貼ってようが貼っていまいが無粋なのと同じく、感動的な話を全文コピーしてしまったら、やっぱり無粋な行為として考えるのが妥当であろう。

何やら元サイトへのリンクが貼ってあればいいんじゃないか?的な価値観があるらしいのだが、それは正式なコンテンツ再配信の契約をしているケースでやっていることを表面的に真似してるだけですよね。全然ダメだろ。

そして次なる問題は、多くの人はそのサイトがコピペサイトであることが気が付かないし、そんなことには興味を持たないこと。つまり、記事を読んだ人は、そのコンテンツがコピペメディアが持ち主であることを期待する。そこにもしサイトとしてのブランドが宿るなら、ブランドの横取りである。

PVを集めさえすれば一定の広告売上は成り立つので、どんな記事であろうがシェアされるコンテンツを提供すれば金になる。そこに自分たちをの行動を最適化するための詭弁がまかり通ってるのが、今流行りの「インターネットメディアビジネス」の一つの側面である。もちろんSEOの努力などはしているし、シェアされるための努力をしているだろうが、それは社会に対して付加価値を産んでるのではなく、あくまでも自分たちの仕事の最適化でしかない。

そのままだと読まれない記事を、俺達が流通させてやってるんだというなら、それはとんだおせっかいではないだろうか。それは音楽CDを違法コピーで流通させている人たちが言っている理屈に近い。しかし、そういうのは過去の商習慣の成功例で言うと、コンテンツホルダーと合意の元で、利益配分が行われて初めて正当化可能なものであって、ジャイアンのような価値観で進めてしまってはいけないだろう。

世の中グレーなものが一番おいしいので、沢山の人がグレーを狙いたがる。

ただ、本当にグレーなのか付加価値を作っているのか?というのが謎であれば、バイラルメディアの記事をクローリングして、30日ぐらいずらして再配信してしまうプログラムを作ってしまうというのはどうだろう。

そこで生まれるバリューが、現状バイラルメディアと呼ばれているサイトと同じような価値であれば、簡単なbotで再現可能な価値なのだと思うし、そうでないのであれば、リアルタイムな掘り起こしメディアとして素晴らしい活動をしているのかもしれない。その検証はしてみてもいいのかもしれない。

悪質バイラルメディアにはどう対処すべき? BUZZNEWSをフルボッコにしてみた - Yahoo!スマホガイド

この記事は面白かったです。ヨッピーさんも頑張りましたが、掲載したYahoo!さんも頑張りましたね。悪い方向に進化するバイラルメディアの行く先にインターネットの未来はないので、すごく大切なことだと思います。

◆最後に

論文を書く大学生を経験している人たちなら、こういう話を聞いているハズです。思い出してくださいね。

剽窃と不正行為 - 慶應義塾大学図書館 - Keio University

コピペ・代行で済まそうとしている学生さんへ:引用・転載・剽窃とは・その違いとは:著作権法と私文書偽造

ライターやメディアを自認するなら、全文引用はせず、自分たちのオリジナリティを付加し、相応の紹介記事に仕立ててほしいものです。しかし、良い記事は何も情報を付加せず、タイトルにシェアされやすいキャッチーな見出しをつけて、本文をコピペするのが一番シェアに対するスループットが高いというのは目から鱗ですね!そりゃパクツイが流行るわけだ。

僕がプロの釣りライターだったら、潜在的に広告に繋がる感動記事を書いておいて、全文コピペメディアを通じて発散してもらい、誰がオリジナルか不明瞭にした上でステマしたい。街角で見かけるイエスの言葉と称する文章は誰が書いてるんだろうと思うことがありますが、宗教系はいくらでもいい話がありますよね。