Uber、日本交通がもたらすタクシー体験の変革

Uberが正式リリースとなったそうですね。

何度か使ってみましたが、Uberの最大の革新は、配車する前に、近隣で待機しているタクシーがいることが見えることだと思いました。

具体的な利用シーンとしては、家から出る準備をしてる時にトイレに入ってスマホを開いたとします。

「さぁ今日は、どうやっていこうかな?!」

「今日は疲れてるから、電車でウザい奴見たくないし、移動時間も楽しみたいな。Uberでも確認してみるか」

画像

「おっと車がアリのようだ。近くにいるじゃないか。配車頼んじゃおう!」

そうすると家から出る前に待ち合わせポイントに車が到着していたりします。

配車した車が、近くに来る様子も見えて、思いっきり道を間違えてるのが見えるもカワイイものです。

都会の場合、複数の交通手段が使えるから、必ずしもタクシーで行くと決めているとは限りません。

「タクシーが捕まる時間」 >> 「駅まで辿り着く時間」 + 「電車を待つ時間」

であれば電車で行ったほうが明らかに合理的と思うシーンもあるし、それを待ってでもタクシーを探したい時もあります。

Uberアプリでは、到着までの目安を知ることができるので、タクシーを手配して実際に来る時間が「不定」ではなくなり、家の中からでも移動工程をfixさせることができるのが、Uberアプリの革命だと思いました。

なお、対する我らが日本交通さんのアプリも、気がついたらUberと同じように地図上でタクシーの位置を確認することができるようになってるようです。素晴らしいです。

画像

クレジットカード登録によるオンライン決済にも対応してますし、早めに投資されていたからこそ、黒船来襲に適切に対処できているのだと思います。

なおUberと言えば、誰でも利用できるハイヤー体験として、乗り降りを運転手さんがサービスしてくれることに加えて、高級車であることも注目されています。

Fugaとかクラウンぐらいなら個人タクシーでもいるわけで、別になんてことないと思ってましたが、一度センチュリーが来た時には驚きました。天皇陛下がお乗りになられてる車種ですから、日本人には特別で特にオジサンへのインパクト大きいです。

一度、渋谷に急いでパソコン・パーツ買いに行く用事ができてUberを頼んだらセンチュリーが来て、一体、運転手付きでどんな奴が乗ってるんだ!?と降りる場所で信号待ちの夫婦から注目を感じたことがあります。

花輪くんになれる感、満載ですね。

ただFRの高級車って高級感重視で乗り降りがしにくいので、利便性ならタクシーに使われてるクラウンコンフォートの方が乗り降りは便利なんですけどね。機能美としては、通常のタクシーも最適化されてることを知っておいていただき、好きな方を選んでいただいても良いかなと思います。