Bluetoothヘッドホンを、最強のモバイルオーディオとして再考する

何年か前にBluetoothのヘッドホンというものを見た時に、明らかにただのPCのおまけパーツ視点のヘッドホンしかなく、ちゃんとした「オーディオ」としてのヘッドホンが出てくるまでスルーしていたら、すっかりスルーしすぎてしまったようで、どうやら昨年秋に、高性能で音質に本気で向き合ったヘッドフォンが沢山出ていたようだ。

すでに店頭では、1万円以上のBluetoothヘッドホンのコーナーができており、オーディオマニアの中でも利便性と性能とのトレードオフを無視できないところまで来ていることが伺える。

ウォークマンがiPodになりiPhoneになり、オーディオプレーヤーという再生機器の歴史の変遷はよく語られるが、思えば、その音を奏でるヘッドホンやイヤホンの商品性についてはマニアのものとしてスルーされてきた。確かにiPodやiPhoneのイヤホンは、とてもフラットな音質で、あらゆる人にとって全く過不足のない優れた品質のものが標準添付されている。

今回、突然、Bluetoothのヘッドホンの購入を思い立ったのは、作業の集中力を高め、没入する環境を作りたくなったからだ。最近のヘッドホンにはノイズキャンセラーという外の音を打ち消す機能がついているものがあるのと、ちゃんとしたオーディオ品質のものであれば、一度お金を出して買ってみたかった。

今回買ってみたのは、ソニーのMDR-1RBT MK2という値段の高いヘッドホンだ。現在のところ店頭で3万4800円ぐらいで売っている。ネット最安値が3万円弱ぐらいのようだが、店頭でちょっとした値引きがあったのと、量販店のポイントを考えると、店頭で買っても値段的に不満はない。十分視聴させてもらっておきながらも、じゃぁネットで買いますなどということは、一切、考えなくても良いぐらいの値段にはなってる。

今回、はじめて1万円以上のヘッドホンを買った。いままで1万円以上のヘッドホンを敬遠していたのは、中途半端な値段のものだとケーブルが直付になっていて、線が切れると修理などを考えるのが面倒くさいので買わないようにしていた。ヘッドホンは消耗品として捉えていたからだ。

しかし、Bluetoothヘッドホンであれば、充電のケーブルやイヤホンのケーブルが外付けなので断線の心配はない。もちろん利用時にケーブルから開放されるのはとても大きい。

僕はオーディオの音質はまあまあこだわりたい方で、今回は、この機種に加えて、Facebookで知人が絶賛していたParrot Zikという海外のヘッドホンを検討した。今回おじゃましたのはビックカメラの有楽町店。店頭で自分のiPhoneに入っている音源で視聴させてもらって検討した。

どっちの値段も全然安くないので音質は上等。両者が違うのは、音質の味付けだ。Parrot Zikは疲れにくいフラットな音質、ソニーは学生時代に毎日ウォークマンを使っていた頃から期待してるソニーらしい音。つまり、重低音をきかせつつ、高音もしっかりフォローしているメリハリのある音質。

ソニーのヘッドホンは、ハイレゾオーディオというハイエンドの音源の再生に対応しているそうだが、どうせ僕はiPhone、Macでしか音楽を再生しないのでそこは無視をして評価をした。他のメーカーのヘッドホンも、いろいろ試した結果、最後は「相対性理論」を再生していたら、ボーカルのやくしまるえつこという女性ボーカルの声がヘッドホンによって差が出ることがわかったので、その好みで決めた。それで選んだのがソニーの高いヘッドホン。

さて、どこかオーディオマニアっぽい音質評価はここまでにして、改めて買ってみて思ったのだが、このヘッドホンにはBluetoothと通信し、AACやaptXという「オーディオコーデック」に対応し、また、僕らが当たり前のように利用しているMP3やAACという「圧縮音楽」が持つ音質的に不利なところを適切に補正して再生してくれるDSEEという機能がついていたり、また、周りの音を打ち消してくれるノイズキャンセラーなどハイテク装備が付いているわけだが、何より給電機能がPCやスマートフォンに依存していないことを考えると、これはもはや、ただのヘッドホンというよりは、単体のモバイルオーディオだなと思った。

いずれ、ここにAndroidのようなOSがインストールされ、フラッシュメモリに音楽データそのものがインストールされ、WiFi等でインターネットに接続し、クラウドストレージからストリーミングでも再生できるようになり、ヘッドホンと無線環境で高音質な音楽を持ち歩く日も遠くないだろう。

最近のメーカーズブームも含めて、メガネ型デバイスや、時計型デバイス、指輪型デバイスなど、さまざまな機能を内包したヒューマンインターフェイス型のガジェットが存在するのを考えていれば、当然、ヘッドホンがスタンドアローンのモバイルオーディオプレーヤーになることは不自然な話ではない。脳内に情報を直接注入するデバイスでも出てこない限り、どんなにコンピューターが小さくなっても絶対に省略できないものは、ヒューマンインターフェースである。

つまり今回、スマートフォンやMacを音源にしてとらえた時に、それを「最良に再生するオーディオ」としてヘッドホンを買ったのだと思ってみた。これは既存のスピーカーのパラダイムと並ばざるを得ないBluetooth経由のスピーカーでは実現できないことで、ヘッドホンという機能を割り切ったデバイスだからこそ、この価格で、機能性と、高音質、モバイル性と高性能が成立できているのだろう。

3万円のヘッドホンは高いかもしれないけど、本格音質のモバイルオーディオとして捉えると3万円は決して高くない。まぁ大げさな話と揶揄されることもあろうが、ヘッドホンの未来を想像してみたら買い物として面白かった。

Appleがバッテリーを交換させなくてもいいじゃん!というパラダイムシフトでも成功したことで製品設計の呪縛が解け、さまざまな使い捨て的構造のデバイスが登場したのがウェアラブル製品成立の肝だと思っている。多分、オーディオプレーヤーの人はヘッドホンは交換可能であるべきと思ってるだろうけど、いっそヘッドホンも交換不可能にしてしまえばいいのではないでしょうか!?