サイエンス誌があぶり出す「医学研究不正大国」ニッポン

日本を飲み込む研究不正(研究ネカト)の大波(提供:アフロ)

嘘の大波に飲み込まれる日本

 見慣れた葛飾北斎の「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」かな。あれ、ちょっと違うぞ…よく見ると白波が論文になっている…

 全米科学振興協会(AAAS)が発行する、世界を代表する科学週刊誌サイエンスに掲載された絵は、日本を強く意識させるものになっていた。

 「嘘の大波(TIDE OF LIES)」と題されたその記事は、サイエンスの2018年8月17日号に掲載された。紙面では見開き2ページに渡り、上述の北斎風の絵が掲載されている。

 記事は骨の研究者で医師の佐藤能啓氏を取り上げている。

 佐藤能啓氏は、骨折とビタミンなどに関する大規模な臨床試験を行ったとして論文を発表してきた。佐藤氏の論文はほかの論文にも引用され、骨折予防の治療指針の根拠となっていた。その論文にデータの捏造、改ざんという研究不正(研究ネカト)があったのだ。

本学の元医学部教授が筆頭著者である論文14本に研究不正行為があったことが認められました。研究者は、科学研究の成果の正確さや正当性を科学的に示す最善の努力をはらわなくてはなりません。このたび、調査対象の研究論文14本に不正が認定されたことは、社会からの信頼を損なうことです。調査結果を真摯に重く受け止め、深くお詫び申し上げます。

出典:弘前大学 研究活動の不正行為に関する調査結果について

 記事は、佐藤氏の研究ネカトを「科学史上最大」とさえ言う。

 記事を書いたのはカイ・クーパーシュミット記者。佐藤氏の論文に疑義を持った英国の研究者、アリソン・アヴェンル氏の軌跡を追い、論文が撤回されていく過程を追う。

 そのなかで、日本の研究環境の異常さが明らかになっていく…

撤回論文数上位10人の半数は日本人

 記事は、論文監視サイト「リトラクションウォッチ」が作成した、撤回論文数の研究者別ランキングを引用し、研究論文の5%しか作成していない日本人が、撤回論文が多い研究者上位10人のうち半分の5人を占めることを指摘する。

リトラクションウォッチによる撤回論文数ランキングより著者作成
リトラクションウォッチによる撤回論文数ランキングより著者作成

 記事執筆時点でのランキングでは、トップは183本の論文を撤回した、元東邦大学麻酔科准教授の藤井善隆氏だ。今回取り上げられた佐藤氏は6位に位置する。佐藤氏の共同研究者だった岩本潤氏が9位、藤井氏の共同研究者だった斎藤祐司氏が10位に位置している。そして13位には、いまだ現役の琉球大教授である森直樹氏が入る。ここで取り上げた研究者6名のうち5名が医師だ。

 記事には明示されていないが、日本は研究不正大国、いや医学研究不正大国と言われても仕方ないだろう。

 記事の著者は当然の疑問を抱く。なぜ日本ではかくも研究ネカトが多いのか。

 記事中で、慶應義塾大学の坂元亨宇教授(病理学)は以下のように答える。

「日本では普通は教授を疑うようなことはしない。基本的に日本人は人を信頼しており、教授を注意深くみるようなルールは必要ないと思っている。」

 だから、研究ネカトを指摘する人もおらず、研究ネカトで作られた論文が長い間放置されてきたのだという。

 しかし、それだけでは佐藤氏の研究不正の動機に説明がつかない。記者は佐藤氏が勤務していた福岡県の見立病院を訪ねるが、取材を拒否されてしまう。

死んでも論文は残る

 記事のなかで、佐藤氏が自死していたことが明らかになる。また、共同研究者も、精神的に参っていて自死する可能性があるからと取材を受けようとしない。STAP細胞の問題で笹井芳樹博士が自死したことにも触れ、不名誉で自死する日本の特異な文化を驚きをもって伝えている。

 しかし、記事は死の可能性があるからと追及を緩めることはしない。「死んでも論文は生き残る」、「他の科学者の時間を盗み、研究方法の選択や、治験の選択に影響を与える」という。佐藤氏の疑義を追及したアヴェンル氏らの膨大な労力のみならず、佐藤氏の論文を引用し作成された治療指針が無駄になり、その治療指針に基づいて治療された患者さんの時間を奪う…

 記事には日本の文化に対する不信がにじみでている。

 長い間研究ネカトによって作られた論文が疑義を示されず放置される状況はどうして起こされるのか。記事は日本の文化に度々触れる。研究していない者が論文著者になる文化、そして目上の者に意見を言えない文化、オタク文化、恥で死んでしまう文化…。

 なんでもかんでも文化と言われるのは非常に腹立たしい。日本異質論をいまさら持ち出されても、困惑するばかりだ。

 しかし、こうした指摘をされても、今のままでは反論できない。撤回論文ランキング上位者の半数が日本人でしょうと言われればぐうの音もでない。日本の(医学)研究は世界からの信頼を失いつつある。

 今日本の科学コミュニティ、とくに医学界は、世界から向けられる不信の目に真摯に対応しなければならない。

 東京大学や岡山大学などで、医学部所属の研究者に対する疑義がうやむやにされてしまったという声がある。

 また、製薬企業と医師との不適切な関係が取りざたされ、これが研究不正の温床となっているとの指摘も多い。

 このほか、臨床医が留学先のアメリカで研究ネカトを引き起こしたという例もある。

 白楽ロックビル氏は、論文博士を取った研究者が研究ネカトをしてしまう傾向が高いのではないかとの感想を述べる。また、私は理学部出身で医学部に入った経歴があるので、その目で医学部の研究事情をみてみると、他学部に比べて医学部の研究者教育は系統立っていない印象を受ける。もちろんこうした医学部の研究者養成の方法に問題があるのか、さらなる検討が必要ではあるが、医学関係者自らが自らの手で検討に乗り出さなければならない。

 私も医師であり、医学部に所属する教員だ。他人ごとのように評論だけするわけにはいかない。当事者として医学研究者の意識を変えるべく、講義や講演、記事執筆も含め、行動を続けていきたい。

研究ネカトをさらに深く知るために

 医学を含めた教育関係者には、最近出た2冊の本を読むことをお勧めしたい。

 非常にまとまった良書。事例が豊富に掲載されており、理論も学べる。

 研究倫理は早く学ぶに越したことはない。中高生が優れた研究を行う昨今、こうした本は大変貴重だ。大人も学ぶべきことが多い。