その自粛や消去は誰のために?

テレビ朝日の「テレ朝動画」より

俳優の橋爪遼容疑者(30)が、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕され、またもや恒例の過剰な「自粛」及び「消去」現象が起きている。

父親が活動自粛に

父親で俳優の橋爪功さん(75)は「迷惑をかけたくない」として、仕事をキャンセルするなど、活動を自粛したと報じられている。

これには、たとえばフジテレビ『とくダネ!』の小倉智昭キャスターが「30歳にもなって、覚せい剤で捕まった息子のために、父親が自粛するなんてことはあっちゃいけないと思う」とコメントしたように、自粛に疑問を投げかける声は出ている。しかし一方、お笑いタレントの大平サブローさんが、情報番組で自身の子供が同種の事件を起こした場合は「世間にご迷惑をかけたということになると、(芸能活動を続けることは)無理でしょうね」と述べ、司会も同調するなど、子供が犯罪を犯した場合は親の自粛は当然、あるいは仕方がないという風潮は依然として強い。

画面から容疑者を消す作業

また、テレビ局は画面から橋爪容疑者の姿を消す作業に追われている。

逮捕が報じられて3日後の6日夜に日本テレビ系で放送された『踊る!さんま御殿!!』は、「この番組は5月23日に収録されたものです」とのテロップが入り、前列に座っていた橋爪容疑者の顔にぼかし処理が施され、発言もカットされていた。

倉本聰さんが9年ぶりに脚本を書き、往年の大スターたちが共演していることでも話題の昼の連続ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)で、橋爪容疑者は介護士の一人として出演していたが、これも送検と同時に降板が決定。今後の放送分について、収録済みの部分を編集でカットするほか、放送済みの番組を有料で見ることができる「テレ朝動画」からも、彼が出演した回が削除されて見られない状態になっている。

さらに、昨年のモントリオール世界映画祭の最優秀芸術賞を受賞した映画『たたら侍』も、彼が出演しているということで、上映打ち切りが発表された。

果たして、そこまで「自粛」をする必要があるのだろうか。

過去放送のビデオが視聴不能に

結論を急げば、私はこのケースでそんな必要はない、と思う。

覚せい剤の所持や使用を軽く見るわけではないが、本件は被害者がいるわけではなく、彼の出演シーンが残っていて迷惑する人はいない。逆に、彼をテレビや映画館のスクリーンから消すために、多大な手間と損害が発生しているのではないか。

「テレ朝動画」より。週に5話放送されるが、橋爪容疑者が映っている回は視聴不能に
「テレ朝動画」より。週に5話放送されるが、橋爪容疑者が映っている回は視聴不能に

『やすらぎの郷』で言えば、彼はいわば端役で、台詞も少ない。私は、この番組が結構好きで、週末にまとめて見逃しビデオ視聴をしているのだが、橋爪容疑者に関するニュース記事に添付されていた写真を見ても、すぐに出演場面が浮かんでこなかったほどだ。

なのにオンデマンド・サービスから削除されているのは、数少ない台詞の場面だけではない。たとえば、台詞は一つもなく、ぎっくり腰の患者のストレッチャーを他の介護士と共に押している姿が映っているシーンがあるだけで、その回がまるごと視聴不能になっている。久々の倉本作品として、後にDVDなどにまとめられるのを楽しみしているファンもいるだろう。けれども、橋爪容疑者が少しでも映っている場面をすべて落とし、彼が出なかったことにするために、せっかくのドラマの流れがぎくしゃくするようなことにでもなれば、局の対応によって作品に傷をつけることになりかねない。

それは、いったい誰のためになるのか。そうすることで、誰が幸せになり、あるいは不幸を免れるのか。

こうした話題の時に、しばしば「青少年への悪影響」が言われる。しかし、『やすらぎの郷』は、若者向けの番組ではなく、老人ホームを舞台にした大人のためのドラマなのだから、気にする必要はない、と思う。

ドラマや映画には、多くの人が出演する。その中の一人でも、放送の途中や上映中に犯罪の嫌疑をかけられたら、作品がお蔵入りになったり、その人物を抹消するための改変を行わなければならないというのでは、制作のリスクがあまりに大きい。

ケース毎に丁寧な判断を

Amazonビデオでも「利用不可」が並ぶ
Amazonビデオでも「利用不可」が並ぶ

もちろん、その犯罪の質、被害の有無やその程度、容疑の濃淡、当該俳優の役柄、あるいは時期によっては、何らかの対応が必要な場合もあろう。しかし、その判断はケースごとに、丁寧に行ってもらいたい。その際には、できるだけ作品を生かす努力がなされて欲しい。今は、「逮捕」と聞くと、即「自粛」という機械的な対応がなされているように思えてならない。

そうした対応は、誰のためになされているのだろうか。

親の活動自粛も同様だ。橋爪功さん自身が、ショックで仕事が手に付かないから休みたいというならともかく、「迷惑をかけたくない」という理由で自粛をよぎなくされるのは、おかしい。彼が出ることで、いったい誰が、どのような迷惑を被るのか。

いずれも予測はつく。

世の中には、クレームをつけるのを生きがいにしているような輩もいる。逮捕された被疑者がいささかでも画面に映ろうものなら、まるで間違い探しをしたように、テレビ局はスポンサーに苦情を申し立てる人が出て来るかもしれない。しかし、それは決して視聴者を代表する声ではない、と思う。

日本のテレビ局、映画界、そして芸能界は、そういう、やたら声の大きい少数者の存在を気にしすぎではないか。