1年分の自然予算を使い果たした日ー7月29日

(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

「これで1年分だからね」と元旦の朝に受け取った、1年分の蓄え。

でも手元にあると、際限なく使ってもよいような気がしてしまって、つい使いすぎてしまいます。

7月29日、気がついたら、「もうからっぽ……」。

次の1年分を受け取れるまで、5ヶ月もあるのに。

どうやって大晦日まで暮らせばいいのでしょう?

私たちは生きていけるのでしょうか……?

私が主宰する幸せ経済社会研究所のニュースから引用します。

~~~~~~ここから引用~~~~~~

地球の自然予算を使い果たす日:2019年は7月29日

(グローバル・フットプリント・ネットワークより)

2019年6月、グローバル・フットプリント・ネットワーク(GFN)は、今年人類が地球の自然予算を使い果たす日(アース・オーバーシュート・デー)は、7月29日になると発表しました。

アース・オーバーシュート・デーとは、人類の自然に対する年間の需要が、その年に地球が再生できる量を上回る日のことです。7月29日は、これまでで最も早い日付で、この20年間で2カ月早まったことになります。

この日付が意味するのは、現在人類が地球の生態系が再生できる速さより1.75倍の速さで自然を使っているということ、つまり、1.75個分の地球を使っているということなのです。

エコロジカル・フットプリントの共同開発者で、GFNの創設者であるマティース・ワケナゲル氏は、「当然のことながら地球は1個しかありません。私たちは1.75個分の地球を使い続けることはできないのです」と述べ、最近の著書の中で、「人間は、いつかは地球の生態学的資源の範囲内で生活をすることになるでしょう。そのバランスは、災害によってもたらされるか、それとも計画的に実現するかのどちらかなのです」と記しています。

しかし、アース・オーバーシュート・デーを1年に5日ずつ遅らせれば、2050年までに人類は、地球1個分の暮らしをすることができます。アース・オーバーシュート・デーに達するタイミングを遅らせるための解決策は数多くあります。

例えば、化石燃料の燃焼による二酸化炭素の排出量を50%削減すると、93日遅らせることができます。GFNでは、そうした解決策を推進するさまざまなキャンペーンを打ち出しています。

~~~~~~引用ここまで~~~~~~

実際のところ、私たちは、過去の遺産を食い潰し、未来から前借りをして、この「地球1個分を超えた暮らし」を続けてしまっています。返せるアテのない前借りをしながら……。

地球は1個しかないのだから、地球1個分で暮らすしかないのです。

しかし、いまの経済や社会の仕組みが「もっと、もっと」となってしまっていて、私たちは悪気がなくても、地球1個分をはるかに超えた暮らしや経済を営んでしまっています。

でも、地球1個分を超えてしまっていることが、温暖化や海洋プラスチック汚染といった問題によって顕在化し、だれの目にも明らかになってきています。

さて、どうやって経済や社会の仕組みを「地球1個分」に戻していけばよいのか?

私たち世代が直面している最大の課題の1つです。