世界と日本の持続可能性はどうなる?-2016年を振り返り、17年を展望するアンケートよりー

2017年幕開け 日本各地で新年祝う(写真:つのだよしお/アフロ)

新しい年が始まりました。今年はどんな年になっていくのか、していくのか、いろいろな思いや抱負を持って、仕事や活動を始めていらっしゃることと思います。

持続可能性という観点から、2016年はどのような年だったのでしょうか?2017年は何に注目すべきなのでしょうか?

年末に、「2016年を振り返って~持続可能性に関わるアンケート」を実施したところ、30代~70代の108名(男性58%、女性42%)の方から回答をいただきました。このアンケートの結果をお伝えしたいと思います。

私のメールニュースやフェイスブックにつながってくださっている「環境問題や持続可能性の課題に関心のある方々」がどのように感じ、考えていらっしゃるか、みなさんはどう思われるか、ぜひご覧下さい。

(1)2016年を振り返って、「地球環境」「世界の持続可能性への取り組み」「日本の持続可能性への取り組み」について、どのように感じていますか?それぞれ選び、そう思った理由をいくつでも挙げてください。

a.地球環境

質問:地球環境はどうなったと思うか?
質問:地球環境はどうなったと思うか?

良くなった  : 0%

少し良くなった: 3%

変わらない  : 8%

少し悪化した :29%

悪化した   :60%

「悪化した・少し悪化した」と思う理由

  • 異常気象・気候変動・CO2排出量の増加(54人)
  • 原発事故の未解決・原発再稼働 (6人)

「良くなった・少し良くなった」と思う理由

  • パリ協定などでの意識の高まり(1人)
  • 河川がきれいになった(1人)

b.世界の持続可能性への取り組み

質問:世界の持続可能性への取り組みはどうなったと思うか?
質問:世界の持続可能性への取り組みはどうなったと思うか?

良くなった  : 2%

少し良くなった:35%

変わらない  :28%

少し悪化した :16%

悪化した   :19%

「悪化した・少し悪化した」と思う理由

  • 資本主義経済第一、自国優先主義への傾向(9人)
  • 格差・紛争・テロ・貧困の拡大や増加(4人)
  • トランプ政権への懸念・不安(3人)

「良くなった・少し良くなった」と思う理由

  • パリ協定が発効(20人)
  • SDGsの取り組みが増えてきた(5人)

c.日本の持続可能性への取り組み

質問:日本の持続可能性への取り組みはどうなったと思うか?
質問:日本の持続可能性への取り組みはどうなったと思うか?

良くなった  : 0%

少し良くなった:14%

変わらない  :31%

少し悪化した :25%

悪化した   :30%

「悪化した・少し悪化した」と思う理由

  • 原発再稼働(15人)
  • 経済優先・安倍政権の政策(11人)
  • 石炭火力発電の推進(3人)

「良くなった・少し良くなった」と思う理由

  • 民間・一般の意識の高まり、よい取り組み(5人)
  • 技術革新・河川がきれいになった(1人)

(2)2016年の「持続可能性に関わる10大ニュース」を選ぶとしたら、どのようなものが挙げられるでしょうか?

※挙げられた順位に関わりなくカウントしています

  • パリ協定・COP21・SDGs(65人)
  • 原発関連(廃炉や政策について)(34人)
  • トランプ大統領誕生(31人)
  • 異常気象関連(氷面積の減少含む)(24人)
  • 電力自由化(17人)
  • 難民・テロ・シリア(9人)
  • 中国関連(環境問題、政策、体制など)(8人)
  • イギリスEU離脱(7人)
  • 日本の人口減少・高齢化(6人)
  • 小池都知事・オリンピック(6人)

(3)2017年、持続可能性に関わるどのような動向に注目しますか?

  • トランプ新政権(アメリカ)の動向(46人)
  • 地球環境(温暖化、気候変動)(46人)
  • エネルギー(42人)
  • 日本の原子力政策(23人)
  • パリ協定、COP21(16人)
  • SDGs(11人)

以上、アンケート結果のご報告でした。

地球環境はますます悪化し、世界には明るい面も少しあるものの、日本の持続可能性への取り組みは悪化していると感じている人が多いーー私自身の実感とも一致するなあ、、、と思います。みなさんはどうでしょうか?

米国のトランプ政権をはじめ、不確実で不安な要素が渦巻いているような2017年。

嘆いたり憤ったりしたくなることも多いと思いますが、そんな状況でも、そんな状況だからこそ、やるべきことを少しずつでも進めていきたいと思っています。