「グリーンピース、エレクトロニクス企業の環境責任を評価、ランク付けを発表」……。海外のNGOは、企業の行動を変えさせようと「ランキングや成績表に企業名を載せる」キャンペーンを展開することがあります。

これまで、企業はいつもNGOに評価されたり、順位をつけられる側でした。

「逆に、企業がNGOを評価したら?」

このたび、企業の環境への取り組みを支援しているグリーンビズの呼びかけで、200社(うち75%は売上10億ドル以上の大企業)の環境CSR担当者が、30の大手NGOを「影響力」「活動の質の高さ」「効果性」の観点から評価し、その結果を発表しました。

http://www.greenbiz.com/research/report/2014/02/18/greenbiz-ngo-report

NGOは「信頼されているパートナー」「役に立つ枠組みやサービスを提供してくれる」「ブランドに課題あり」「招かざるNGO」の4つのグループに分類されています。

トップランクの「信頼されているパートナー」は、企業との長期的なパートナーシップと多くの成功事例を有する、企業に優しく、効果的に活動を展開しているNGOで、世界自然保護基金(WWF)など3団体。

「役に立つ枠組みやサービスを提供してくれる」は、企業パートナーにとって役に立つプログラムやサービスを創り出し、効果的に活動を展開しているNGOで、グリーンピースなど11団体。

「ブランドに課題あり」とは、効果的に活動を行っているもののそれほど影響力のないNGOで、憂慮する科学者同盟など6団体。

「招かざるNGO」は、あまりよく知られていない、またはパートナーというよりも批判者と見られているNGOで、米国動物愛護協会など10団体でした。

企業はNGOとのコラボレーションをどう考えているか

「企業がNGOと協働したい課題」の上位は、「気候変動」「地域社会のエンゲージメント」「再エネ・省エネ」でした。多くの企業は「NGOと長期的なパートナーシップを組んで協働したい」と答え、「NGOと協働するつもりはない」と答えた企業は4%でした。

NGOの「企業名を公表する」キャンペーンについては、半分近い回答者が「役にも立たず、害もない」、20%が「自社が方針を変えなくてはと思う上で、非常に効果的だった」、「自社にとって害があった」は5%です。

「まず業界や製品、サプライチェーン全体を理解すること」「『企業はすべて環境に優しくない』と一般化しないこと」など、「企業とのコラボレーションに向けての企業からNGOへのアドバイス」も参考になります。

日本でも企業とNGOの協働を

日本ではまだ、欧米のように「多くの企業がさまざまなNGOと協働して問題解決を進めている」という状況ではありませんが、企業とNGOとの協働事例も各地で増えつつあります。企業とNGOは、立場は違っても(立場が違うからこそ!)協働することで、補強し合い、刺激し合い、視野や考え方を広げ、より効果的な働きかけを行って、問題解決を進めていけるのだと思います。

「NGOはコワイ」「NGOってよくわからない」という方も多いでしょうけど、今回の「企業のNGO評価レポート」、企業からNGOへのラブレターのように感じるの私だけでしょうか?

参考)30のNGOの分類や企業からのアドバイスなどさらに詳しい情報はこちらをどうぞ。

http://www.es-inc.jp/insight/2014/ist_id004852.html