加齢による認知力の低下~「空気を読めない」ひと、「キレる」ひと

(写真:アフロ)

「身体感覚」の劣化

内閣府『平成29年版高齢社会白書』によると、2012年の日本の認知症患者数は約462万人、団塊世代が後期高齢者になる2025年には700万人程度に達し、高齢者の5人にひとりを占めるという。認知症に至らずとも、60代以降になれば加齢にともなう認知力の低下は多くの高齢者にみられる。物事の理解や判断が遅くなったり、記憶力が低下したりする上に、空間認識力が衰え始めるのだ。

空間認識力とは、人間が有する視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚などの感覚器により、物体が3次元空間の中でどのような状態にあるかを把握する力だ。例えばわれわれがキャッチボールをする時、目や耳からの情報をもとに、ボールの飛んでくる方向や落下点を判断してボールを捕捉する。距離や速さなどの認識を誤ると、うまくボールをキャッチできない。

老化が進むと、若い頃に容易だったことが思い通りにゆかなくなることも多い。運動機能に加えて空間認識力が衰えて「身体感覚」が鈍くなるからだ。視野が狭まり、人や物にぶつかったり、わずかな段差につまずいたりすることも増える。すべてが加齢のせいではないが、「身体感覚」の劣化は高齢者の社会生活にも大きな影響を与える。

「空気を読めない」高齢者

認知力が低下すると社会状況を的確に把握することが難しくなり、いわゆる「空気を読めない」高齢者が増える。その結果、社会の中でさまざまなトラブルが発生する。コンビニ店員への暴言や悪質なクレーマーも60代以上によく見られるという。このような人が増える要因のひとつは、社会的視野が狭まり、いわば社会空間における「身体感覚」の劣化によるものと言えるかもしれない。

「空気を読めない」高齢者にならないためには、どうすればよいのだろうか。ひとつは「身体感覚」を鍛えることだろう。言葉のキャッチボールである対人コミュニケーションを円滑に行うには、相互の言葉を正確に捉える「身体感覚」が必要だからだ。「人の話を聞かない」、「自分だけに意識が向く」など自己中心的にならず、常に相手に意識や目を向けることが重要だ。

最近ではレーダーやカメラなど多くのセンサーを備えた衝突防止装置の付いた自動車が増えている。高齢者が人生を安全に楽しくドライブするには、周囲の状況を念入りに観察し、五感に加えて「身体感覚」を鍛えることが必要だ。社会空間の中で適切な車間距離を保つ「身体感覚」を維持することも、超高齢社会における重要な「老いる力」ではないだろうか。

「キレる」高齢者

近年、「キレる」高齢者という言葉をよく耳にするように、高齢者の反社会的行為が増えている。例えば、鉄道の駅員等に対する暴力行為だ。日本民営鉄道協会の公表資料によると、大手私鉄16社における2017年度の暴力行為は174件発生。22時以降の深夜の時間帯、週末の金曜日に多く、加害者の6割ほどは飲酒しているという。年代別では60代以上が全体の約2割を占め、高齢者が事件の加害者になるケースも多い。

高齢者による万引き犯罪も増加しており、未成年者の犯罪件数を大幅に上回っている。また、高齢者が企業のコールセンターに欲求不満のはけ口を求めて長電話をかけ、業務妨害を起こすこともあるようだ。顧客至上主義を曲解した消費者が、コンビニの店員に対して土下座を強要する事件なども起きている。

「キレる」行為は高齢者に限るわけではないが、本来、分別のあるはずの高齢者の自己中心的な行動や反社会的行動は、なぜ起こるのだろうか。多くの高齢者は、現役時代に企業で働いたりして生活の糧を得ていた。しかし、年金暮らしになると雇用主や顧客という存在がなくなり、自己の言動を抑制する人間関係が薄れることも一因ではないだろうか。

幸せに生きるための自己アイデンティティ

現役時代には帰属する組織があり、そこに自己アイデンティティを求めることが可能だった。しかし、定年退職後は自らの存在価値があいまいになり、社会の居場所が定まらないために、他者承認を求めているのかもしれない。高齢者のさまざまな迷惑行為は、自らの存在感を表す示威行為でもあるのだろう。

高齢期には、体力、知力、記憶力が衰え、体は硬くなり、それ以上に頭の柔軟性が失われてゆく。友人などとの親密な人間関係も徐々に薄らぎ、生きることや社会に存在する意味、生きがいやプライドを見失うこともある。多くの情報があふれる一方、ひとり暮らしが増えて社会的孤立の中で疎外感を抱き、社会の枠組みから外れた状況に陥りかねない高齢者も少なくない。

われわれが幸せな人生を全うするためには、最期まで「生きがい」を持つことが必要だ。かつての高齢者には社会や地域における自らの居場所、即ち社会的役割があった。「空気を読めない」高齢者や「キレる」高齢者に陥らないためには、「身体感覚」を鍛え、生涯にわたる社会参加による確かな自己アイデンティティの確立が求められる。