ジム通いに熱心なシニアたち~主観的健康寿命を延ばすという「人生100年時代」の暮らし方

(写真:アフロ)

「人生100年時代」が訪れる

日本人の平均寿命は男性80.98歳、女性87.14歳。近い将来、「人生100年時代」が訪れるという。百歳高齢者表彰が始まった昭和38年の百歳以上はわずか153人だった。昭和56年に千人、平成10年に1万人、平成24年に5万人を超えた。平成29年9月15日時点では67,824人になり、女性が全体の約9割を占めている。わが国は急速に「人生100年時代」へ向っているのだ。

このような長寿時代に向けて、長くなった人生を全うするために教育、雇用、社会保障などのあり方が見直されている。年金財源が厳しい中、われわれは今後一層長く働き続けることが求められる。平成25年に高年齢者雇用安定法が改正され、厚生年金の支給開始年齢が3年毎に1歳ずつ引き上げられることに伴い、2025年度までに企業は65歳までの継続雇用を義務付けられた。

年金の支給開始年齢の更なる引き上げも検討されている。長くなる職業生活で新たな仕事のスキルを身につけるためのリカレント教育の重要性が増すだろう。今後、雇用が延長された場合、退職後に元気に過ごせる時間が短くなる可能性もある。高齢期の人生を本当に楽しむためには健康増進や体力維持が欠かせないのだ。

平均寿命より健康寿命

長寿時代を生き抜くために健康志向が高まることは必然だ。日本では健康増進法に基づき、2000年に『21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)』が始まった。2013年には全面改正が行われ、『健康日本21(第2次)』には健康増進のための基本方向として、「健康寿命の延伸と健康格差の縮小」が掲げられている。

日本人の平均寿命は2001年から2010年の10年間に男性で1.48年、女性で1.37年延びた。一方、健康寿命の延びは男性で1.02年、女性で0.97年にとどまっている。つまり不健康な期間が、男性で0.46年、女性で0.4年長くなっているのだ。そのため『健康日本21(第2次)』では、「平均寿命の増加分を上回る健康寿命の増加」を目標にしている。

多くの人は健康に長生きしたいと願っている。2016年の健康寿命は、男性72.14歳、女性74.79歳。健康寿命と平均寿命との差は、男性8.84年、女性12.35年もあるのだ。平均寿命が延びる長寿時代には、介護・看護が必要な期間は長くなり、要介護のリスクが高まっているのである。

増える運動習慣のあるシニア層

最近のフィットネスクラブをのぞくと、どこも元気なシニア層であふれている。経済産業省の「特定サービス産業動態統計調査」によると、平成29年のフィットネスクラブの売上高は3,330億円、延べ利用者数は2億5,200万人と、増加の一途をたどっている。その背景には長寿化に伴うシニア層の根強い健康志向がある。

厚生労働省の「平成28年国民健康・栄養調査の結果の概要」をみると、運動習慣のある者(1回30分以上の運動を週2回以上実施し、1年以上継続している者)の割合は、全体で男性35.1%、女性27.4%だ。年齢階級別では、60代の男性が36.6%、女性が35.9%、70歳以上では男性49.4%、女性37.4%にのぼる。男女ともに運動習慣のあるシニア層が多くなっている。

退職後も生き生きと暮らすためには、地域や社会との関係性を保つことが重要だ。定年後に社会的孤立に陥る人もいる。フィットネスクラブに通うシニアの人たちは、身体的な健康だけでなく、他者との会話やつながりを通じてメンタルな健康も求めている。むしろその効果の方が、長寿時代にはより重要かもしれない。

主観的健康寿命を延ばそう

幸せに暮らすためには健康寿命を延ばすことが重要だが、「自分が健康であると自覚している期間」についても留意する必要がある。主観的健康寿命とも言える同期間は、客観的健康寿命を下回っており、その延びは2001年から2010年までの間に男性で0.35年、女性で0.37年に過ぎない。

人が幸せになるひとつの条件として「健康」を挙げる人は多い。しかし、高齢化が進むと加齢により健康状態が万全でなくなるのは当然のことだ。誰もが老化による衰えを経験する時代には、絶対健康でなければならないという行き過ぎた健康志向に縛られる必要はない。

「人生100年時代」を幸せに生きるためにジム通いに熱心なシニアの人たちが大勢いる。客観的な健康寿命を延ばす努力は言うまでもなく重要だが、同時に、超高齢社会ではなんらかの健康上の制約があっても、自らが幸せと思える主観的健康寿命も大切だ。けがや病気などとうまく付き合うことも、「人生100年時代」を幸せに生き抜くヒントではないだろうか。